ブックマーク:

重要キーワード約800語を収録
建築・住宅用語集

書院造

【しょいんづくり】

日本の古典的住宅形式の一つで、基本として座敷に、床の間・違い棚・付け書院・帳台構えを設備する住宅のこと。
もともと武家住宅の様式で、座敷は格式を重んじ、対面・接客の間としての機能を持ってつくられていた。現代の和風住宅もその影響を大きく受けている。

注文住宅のキホン/和室

まじめな家づくりセミナー