工務店って何?

工務店とは、複数の専門工事業者をマネジメントし、工事全体を管理することによって、総合的な工事を請け負う業者のことを言います。

参考記事→「ハウスメーカーって何?」
参考記事→「設計事務所って何?」

日本では古来から木工職人である大工の親方(棟梁)が、設計から左官などの他の職人を仕切ることまで住宅建築に関するすべてを取り仕切ってきました。この大工の棟梁が発展した形が工務店であるといえます。

しかし、現在の工務店像は伝統的な形とずいぶん違ってきており、類型化してみるとおおよそ以下のようになります。

(1)棟梁タイプ

従来のタイプ。職人である棟梁が設計から工事までを行う。

(2)デザイン(設計)重視タイプ

社内に建築士を抱えたり、社外の設計事務所と連携し、デザイン(設計)によって他社との差別化を図っている。

(3)施工専門タイプ

外部の建築家の設計による施工だけを行い、設計は請け負わない。

(4)フランチャイズタイプ

ハウスメーカーの下請けや、特定工法のフランチャイズ業務が中心。

(5)ハウスメーカータイプ

特定の建材・設備などを使った住宅を商品化・シリーズ化して販売。

(6)デベロッパータイプ

自社で土地を購入し、建売住宅や売建住宅を販売。

さらに、ほとんどの工務店は上記の複合形であり、まさに工務店の数だけ形態があると言っても過言ではありませんが、通常は「工務店で建てる」といえば、工務店に設計と施工の両方を依頼することを指しますので、少なくとも(3)以外のタイプが依頼の対象になります。

また、施工会社は、建設会社、サブコン、ゼネコンなどと呼ばれることもありますが、会社の規模が違うだけで本質的な違いはありません。しかし、組織力を要する大きな仕事はやはり大きな会社が得意な一方で、大きな会社は管理コストも高いため、個人住宅を建てるのは、主に50人くらいまでの中小工務店が中心となります。