家づくりの依頼先

家づくりの依頼先

注文住宅を建てるにあたっては様々な依頼先の種類がありますが、すべての住宅会社は「ハウスメーカー」、「設計事務所」、「工務店」の3つに分けることができます。

家づくりを成功に導くには、自分の構想にあったキャストを選ぶことが必要であり、そのためには「ハウスメーカー」、「設計事務所」、「工務店」の3つの特徴を十分に理解することが重要です。

依頼先の種類によって業界の事情や営業方法、家づくりの進め方が異なりますので、依頼先の種類に応じた選び方をすることが大切です。

大切なことは、それぞれの依頼先のメリット・デメリットをしっかりと把握し、自分の家族にはどの依頼先が合っているのかを見極めることです。

また、依頼先の種類が決まったら今度は具体的にどの住宅会社にするかを決めなければなりませんが、「ハウスメーカー」、「設計事務所」、「工務店」の3つに分けて考えると、各社の特徴をよりはっきりと浮かび上がらせることができます。

ハウスメーカーと設計事務所(建築家)を対極に置き、その間をグラデーション状に埋めるように多種多様な工務店が存在すると考えてみてください。

ハウスメーカー

ハウスメーカーとは、建物の設計と施工を同じ業者が行う「設計施工一貫方式」を採用し、かつ「自前の生産設備を持ち、工業化(プレハブ化)または建築資材の一部を規格化することによって、注文住宅の大量生産を全国規模で展開している企業」と言うことができます。

この定義を全国の住宅会社にあてはめると、全国でテレビCMを放映しているような10数社の会社だけが該当します。

設計事務所(建築家)

設計事務所とは、建築家が所属する組織のことをいいます。
設計事務所とは、一人のメインとなる建築家の個人事務所である場合と、複数の建築家が共同で運営する組織事務所の場合があります。

ハウスメーカーや工務店が採用する「設計施工一貫方式」とは反対に、建築家は施工とは切り離された立場で、専ら設計監理業務だけを行う「設計施工分離方式」をとります。

工務店

工務店とは、複数の専門工事業者をマネジメントし、工事全体をまとめる(管理する)ことによって、総合的な工事を請け負う業者のことをいいます。

一般的には、ハウスメーカーと同様に、建物の設計と施工を同じ業者が行う「設計施工一貫方式」をとりますが、工務店は多種多様な形態がありますので、ひとくくりに全体像を言い表すことが難しい存在です。

その他

「ハウスメーカーなのか、工務店なのかがはっきりしない住宅会社」の形、また「設計事務所(建築家)なのか、工務店なのかがはっきりしない住宅会社」の形もあります。

例えば、前者にはパワービルダーと言われる住宅会社が当てはまります。

 ・パワービルダー

後者には住宅会社の下請けとなって独立した設計事務所を運営する建築家が本来の業務の一部(基本設計)だけを行って住宅建築に関わるケースがあてはまります。

 ・建築家と協業する住宅会社

これらはそれぞれの良さを活かした住宅会社の形と言えますが、特徴として現れるメリット・デメリットとしては「工務店」の色彩が強く、実質的には、それぞれ「ハウスメーカー寄りの特徴を持った『工務店』」、「設計事務所(建築家)よりの特徴を持った『工務店』」ということができます。

・家づくりの主な依頼先には、「ハウスメーカー」、「工務店」、「設計事務所」がある。
・それぞれのメリット・デメリットを理解して自分に合った依頼先を選ぶ。
・依頼先の種類に応じた選び方で会社を選ぶ。