重要キーワード約800語を収録
建築・住宅用語集

ツーバイフォー

【つーばいふぉー】

角材の枠に構造用合板を張ったパネルを組み立てて建物をつくる工法。
断面の寸法が2インチ×4インチの角材を多く用いられることから「ツーバイフォー工法」と呼ぶ。枠組壁工法ともいう。
壁(面)で支えるため、耐震性・気密性に優れるとされているが、窓の位置や大きさなどが制限されるというデメリットもある。

ツーバイフォー工法(家づくりのキホン)

まじめな家づくりセミナー