重要キーワード約800語を収録

建築・住宅用語集

関西間

【かんさいま】

関西で一般的に用いられてきた基準尺で6.3尺×3.15尺(191cm×95.5cm)の畳の大きさを基準として各室の大きさを決め、そこから柱の位置を決める。
別名で京間ともいわれ、畳の名称にもなっている。
関東間