カビ対策

カビは一定の条件が揃うと、どこにでも繁殖します。浴室の壁・天井の隅・家具の裏側・押入などに多く発生します。

アレルギーの原因にもなりますので、部屋の換気と掃除をこまめに行い、カビの発生を防ぎましょう。

家具の配置

置き家具などは、壁から10cmほど離して置くと、家具の裏側も換気が行き届き、カビの発生を防ぐことができます。

浴室の換気と除湿

最もカビが繁殖しやすいのは浴室です。カビを防ぐには、湿気を除くことが第一なので、入浴中や入浴後の換気が大切です。

飛び散った石鹸の泡に含まれる人の垢などは、カビの栄養源になります。換気、除湿に加え、掃除をきちんと行うことで浴室のカビ対策は万全でしょう。最後に入浴した人は、壁や床をきれいに洗い流しておきましょう。湿気を早く取り除くためにも、入浴後、浴室内を乾拭きして換気するのもよいでしょう。

収納の除湿

下駄箱・玄関収納

濡れたままの靴や傘を、そのまま収納すると、カビの原因になりますので、しっかり乾かしてから仕舞いましょう。
梅雨など湿気の多い時期は、収納の扉を開け、扇風機で風を送ると除湿に効果があります。

クローゼット

衣類は着用後、体から出る汗をかなり吸い込んでいます。すぐに仕舞うのではなく、クローゼットの外でハンガーにかけておいて、1日経ってから仕舞うといった工夫が効果的です。
また、空気を循環させるために、衣類を詰め込み過ぎないことも大切です。
内部に除湿剤を設置したり、定期的に開け放して風を通すことも効果的です。

押し入れ

押し入れには物を詰め込みすぎないようにし、時々風を通すようにしましょう。スノコなどを敷くのも空気が循環する道ができ、効果的です。