ハッピーエンドの処方箋

階段下トイレ
ダメなものはダメなのです!

どうすれば回避できたか

●耳の痛い話ほど

お客様としては、「やめた方が良い」とは言われても、結局はプロである担当者も了承し、その案で契約をしたわけですから、多少不便ではあっても、まずまず使えるのだろうとの認識であったことでしょう。そもそも絶対ダメなものを了承するはずがないという前提です。

言うまでもなく、ダメなものはダメなわけで、いくらお客様が良いと言ってもダメなのです。

何でも言うことを聞いてくれると「良い」とご評価しがちですが、時にはお客様にとって耳の痛い話もしっかりしてくる方が「良い」という場合も多々あります。
あやまる

耳の痛い話が出たとき、それがお客様のためを思っての話かどうか、見極めが重要です。

まずもって、お恥ずかしいおはなしでした。