建て主様インタビューを日替わりでピックアップ

日替わり!となりのマイホーム!

神奈川県鎌倉市
神奈川県鎌倉市N邸

家を建てようと思った経緯は?

子供達が独り立ちしていく前に、みんな揃って過ごした家族の思い出を残したかったんです。家族が希望する「居心地の良い家」を建てたいと思いました。

神奈川県鎌倉市 神奈川県鎌倉市N邸

当初から建築家に依頼しようとお考えだったのですか?

この家で4件目の持ち家になるんですが、過去に建てた家は、希望はそのまま実現されたんですけど、結局住みづらかったんです。 「餅は餅屋」と言いますように「家づくりは建築家」。 これまでの経験から、今回は建築家に依頼することを絶対条件にしようと考えました。

建築家・瀬野和広さんにはどんなご希望をお伝えされたのですか?

我が家のライフスタイルは、リビングや特別な客間を必要としませんでしたので、家族が和め、お客様もくつろげる「ダイニングテーブルを中心とした生活」を希望しました。 子供達が中高生なので、それなりに気配を感じることができるプライベートなスペースも必要でした。それから、用途に合わせて収納を小分けにしたいという希望をしました。大きな収納は出し入れするのが面倒なので、必要な時に必要な物が出せる収納をお願いしました。 大きくはそのような要望を出し、それ以外は瀬野さんに自由に考えていただけるようにしました。

実際に生活していかがでしょうか?

神奈川県鎌倉市 神奈川県鎌倉市N邸

空間の見え方が巧みに計算されているなと感心しました。 寝室から中庭越しに見える子供部屋の様子や、前面道路の見え方とか。空気の流れや光の取り込みも計算され尽くされていると思います。 瀬野さんのアイディアで細かな収納を随所に作ることができました。おかげで使った物はきちんと整理ができる家になりましたので、今ではすっきり片付いています。

ザ・ハウスを利用しての感想は?

建主と建築家の両方の立場を心得ているのではないでしょうか。双方にとってメリットになるアドバイスをしていただけたと思います。

これから建築家と家を建てる方に一言

見た目のカッコ良さや奇抜さに惑わされることなく、自分達の生活を重ね合わせて、「ライフスタイルに合うかどうか」を見極めることが大事なのではないでしょうか。その家には、これから何十年という長い間住み続けるわけですから。 オープンハウスを見学するなら、施主さんの年齢層別に3パターン見ることをお勧めします。若夫婦・熟年夫婦・老夫婦の3パターンを見れば、各層のライフスタイルや家族構成によって、何が必要になってくるのかをある程度想定することができます。そうしたケースを比較することによって、今の自分達の家に必要なスタイルを考えることができるのではないかと思います。

はじめにNさんとお話しして、どんなことをお感じになりましたか?

ザ・ハウスの面談でお会いして、びっくりしました。Nさんは我々のオープンハウスで過去2回お会いしていた方だったのです。そのせいもあって、お話しはスムーズに進みました。 神奈川県鎌倉市N邸/瀬野和広設計 物理的なことはさておき、「家づくり」は人との交流が何より大事だと思います。その点でNさんは、建築家と共同でつくっていくという思いがお有りだったようです。お互いに良い信頼関係が築けるだろうと思いました。

神奈川県鎌倉市 神奈川県鎌倉市N邸

具体的にはどのような形でご要望に応えていったのですか?

Nさんのライフスタイルは、「ダイニング中心でリビングは必要ない」というものでした。 限られたスペースを有効に使うために、ダイニングチェアーは2つにして、壁面側には「ルーズベンチ」と名付けた奥行きの深いベンチを作りました。イスだけにするとスペースもとられますよね。しかも人数も制限されます。でも、ベンチなら、クッションや座布団を敷いて座ったり、時にはベッドにしたりと、みんなが好きに寛ぐことができます。 2畳の小上がり(床より一段高く設けた座敷)も、ダイニングとつなげて多目的に使えるようにしました。また、小さなスペースを見つけては、収納を作りました。床下は意外と収納スペースがとれる場所なので、小上がりの畳も自動で持ち上がるようにして、段差にも収納を設け、小さな隙間にも何らかの機能を持たせようと考えました。全ての設えを、単一機能ではなく多目的に機能を持たせることで、手の届くところに分散して収納を作ることができました。

Nさんとのお打合せはいかがでしたか?

建築家の仕事を良く理解されていましたので、要望を最初に言ったら、追加注文は出されずに提案を待ちわびている感じでした。信頼していただけていたので、非常にスムーズに基本設計を終えることができました。

これから建築家と家を建てる方に一言

神奈川県鎌倉市 神奈川県鎌倉市N邸

人と人の交流がなければ、「家づくり」はできません。姿かたちだけの追求では、「家づくり」はできません。どちらも欠かせないものだと思います。 「家づくり」は組み立てるプロセスを大事にしてほしいと思います。建主さんも建築家とコラボレーションしているつもりで苦楽を共にして、是非「家づくり」を楽しんでください。家は買うモノではなく、建てるコトづくりだからです。

建物について

建設地
神奈川県鎌倉市
竣工月
2002年12月
設計
瀬野 和広
施工会社
(株)アクト・コーポレーション
構造
敷地面積
100平米(30.2坪)
生活スタイル