建て主様インタビューを日替わりでピックアップ

日替わり!となりのマイホーム!

神奈川県横浜市
大屋根に包まれた終の棲家

家を建てようと思った経緯は?

結婚して「家族」として生活する住まいを考えはじめたのがきっかけです。 その他、当時の消費税増税を容認する政治的な動きや住宅ローンの利率変動、そしてお互いの年齢も考慮して、「決断は早い方が良い」と一念発起しました。

神奈川県横浜市 大屋根に包まれた終の棲家

当初から建築家に依頼しようとお考えだったのですか?

いいえ。当初はハウスメーカーやマンションの購入など、あらゆる選択肢を視野に入れていました。 「ここは敷居が高そう」などの先入観や偏見を持たぬように努め、地道に話を聞くことから始めました。その結果、「建築家と家づくりを進めよう」という結論に達しました。

建築家・奥野公章さんには どんなご希望を伝えたのですか?

神奈川県横浜市 大屋根に包まれた終の棲家

優先度の高い順に、鉄骨造、平屋、防犯対策、快適な空間や回廊動線などでした。 その他にも最初から多くの希望を伝え、打合せでは輪をかけて言いたい放題だったので、予算の割には要求の多い施主であったと思います。 ひとつひとつ丁寧に対応していただいた奥野さんには、大変感謝しています。

実際に生活していかがでしょうか?

竣工に至るまで妥協はしなかったため、理想通りの住み心地ですが、嬉しいサプライズが多々ありました。 例えば、生活感の露出を最低限に抑え、部屋を広く見せるための工夫が随所に見受けられます。絶妙な採光や、ライティングは上品な空間を演出してくれて、あたかもホテル住まいのような快適さです。 まさに「奥野設計のなせる業」だと実感しています。

神奈川県横浜市 大屋根に包まれた終の棲家

ザ・ハウスを利用しての感想は?

満足です。 サービスの最大の特徴は、コーディネータが「それぞれの建築家の性格や、特徴を的確に把握されていること」だと思います。建築家のデータや施工例はインターネットから手軽に入手できますが、最良の依頼先を見つけるために必要不可欠な建築家の性格や人柄などは、サービスの利用なしには知ることはできませんでした。 貴重な情報をご提供いただいたことに感謝しています。

これから建築家と家を建てる方に一言

基礎が固まり、骨組みが組まれ、素敵な家が建つ。 傍から見るとちょっとしたイベントですが、当事者は裏方として現実的かつ経済的な知見を持って挑まなければなりません。 建築家の提案には虚心坦懐に耳を傾け、自らも建築のイロハは知っておくべきでしょう。あれこれと意見を出し合うことで、楽しいイベントになりますよ。

神奈川県横浜市 大屋根に包まれた終の棲家

建物について

建設地
神奈川県横浜市
竣工月
2013年8月
設計
奥野 公章
施工会社
(株)ガイアフィールド
構造
敷地面積
238.67平米(72.2坪)
生活スタイル
撮影
牛尾幹太