完了検査実施の順守状況

  • 名前:富岡正雄
  • 日時:2019年3月2日
  • 返信

・完了検査は、建築基準法第7条により義務付けられ罰則規定もあるようですが、実態は30~70%程度の実施との話も聞きました(法順守の形骸化)
・不遜で真摯な考えではないと思いますが、実情をどの様に理解すればよいのでしょうか?

現在の実態とはかけ離れている印象です。

  • 日時:2019年3月5日
  • 名前:ザ・ハウス
  • 返信

富岡さん、こんにちは。

確かに約20年ほど前までは、確認済証の交付を受けても、検査済証の交付を受ける建物は多くなかったと思います。「実態は30~70%程度」という数字はその頃の話としては頷けなくもありませんが、この問題はその後に大きな社会問題になったこともあり、今では厳格に運用されていますので、だいぶ現在の実態とはかけ離れている印象です。

すでにご存知かとは思いますが、完了検査を受けなかったり、検査の結果、建築基準法に適合せずに検査済証の交付が受けられなかった場合は、違反建築物となる場合があり、懲役や罰金を科されることがありますのでご注意ください。

また、現在は住宅ローンの貸付にあたっては、ほぼ100%の金融機関で検査済証の提示が条件になっています。これは富岡さんの建築時だけでなく、売却される際の購入者にとっても制約になりますのでご注意ください。