一発回答

聞いちゃえ広場

是非ご相談ください

  • 2003-06-16
  • 名前:ザ・ハウス

Danishさん、こんにちは。

じゃんさんのおっしゃるとおり、建築家探しにはいいタイミングです。隣地境界線が確定していなくても基本設計には入れますので、あと半年もかからないのであればまったく差し支えありません。
さて、最近建築家の方から「建築家の知名度が上がったのはいいことだけれど、訪ねてくる方にかなりの時間を割かれる。その割りに戻ってくる方は以前に比べてずっと少ない」とのお話を伺います。
確かに組織的な設計事務所と違って、いわゆるアトリエ系の建築家は他のスタッフが応対するわけにもいきませんし、限られた自分の時間で直接訪ねてこられた方にていねいに対応することが物理的に難しくなっていることは確かなようです。
例えば、1組の方に2時間かかるとして、1ヶ月に10組の方がいらっしゃれば20時間、それだけでゆうに月の業務時間の10分の1がとられてしまい、現在抱えている設計や監理業務にも支障が出てきます。
先日も、ザ・ハウスの登録建築家に直接連絡したけれど会ってもらえず、ザ・ハウスを通じてご面談をセッティングしたケースがありましたが、その建築家の方は決して傲慢な方というわけではありません。
やはり最近のいくつかの苦い思い出と、非常に限られたご自分の時間を天秤にかけた末の仕方のないご選択だったのだと思います。
もちろん、建て主側が悪いわけでもありません。いい家づくりには、いろいろな建築家とお会いになって比較検討されることは大変大切なことですし、また建て主の当然の権利かと思います。
やはり、これはアトリエ系の建築家で建てる方法の一つの構造的な問題であり、現時点では仕方のない問題と考える以外にはありません。
そんな状況の中で、よりいっそうザ・ハウスが皆様のお役に立てるのではないかと思います。
登録建築家からよくいただくご意見は、「ザ・ハウスから紹介されるお施主様は、建築家との家づくりの基本的な知識をもっているし、土地や資金繰りなどの基本的要件も整っている。またきちんとマッチングを経てきているので計画が進む可能性が高く、信頼関係も早い段階で築ける」ということで、計画に入ってからも時間を有効に使えるとご認識いただいているようです。もちろん、これは建て主側にも大きなメリットといえます。
またザ・ハウスとの継続的な関係からも、ザ・ハウスのお客様にはいっそう前向きにご対応いただけるようです。
是非、一度ご相談ください。