一発回答

聞いちゃえ広場

専門家に相談しましょう。

  • 2021-04-23
  • 名前:ザ・ハウス

大木さん、こんにちは。

ブロックの工事は外構工事で予定され、見積りには入っていなかったのですね。

さて、①のハウスメーカーが提案する方法と②の大木さんが希望する方法しか解決方法が無いとは言えず、他に大木さんが納得できる解決方法があるかもしれません。

例えば、浄化槽を下げる工事に追加して今後発生する被害の補償を現時点で要求しておくことも考えられます。この場合、設計図面通りに工事をやり直すより現実的で双方の納得できる着地点が見いだせるかもしれません。

・ポンプの電気代
・ポンプの故障、交換代金
・停電時の不安

あくまでも図面通りに工事のやり直しを求めるというのも一つの方法ですが、改善工事とともに金銭的な賠償について話し合っていくという方法もあります。

ハウスメーカーと話し合いをおこなうにあたり、これまでの経緯や図面の内容などを基に法律、建築の専門家の見地やアドバイスを得て、ハウスメーカーとの打合せを行われる時期かと思います。

裁判を起こさずとも大木さんのご負担をおさた上で、第三者を交えてハウスメーカーと交渉する方法はございますので、まずは専門家にご相談いただいてはいかがでしょうか。

■住宅リフォーム・紛争処理支援センター
住宅瑕疵担保責任保険、もしくは住宅性能表示制度を利用して建設住宅性能評価書が交付された住宅は、電話相談、専門家相談、裁判外の紛争処理(あっせん・調停・仲裁)について申請料1万円で利用することができます。

※住宅リフォーム・紛争処理支援センター
http://www.chord.or.jp/consult_tel/support_system_01.html

◆無料の弁護士相談(法律相談)
市区町村では、無料の弁護士相談(法律相談)を実施しているところもございますので、お住まいの市区町村にお問合せください。

◆独立行政法人日本司法支援センター「法テラス」
国によって設立された独立行政法人日本司法支援センター「法テラス」にて、無料の法律相談も行われています。

※法テラスはこちら
https://www.houterasu.or.jp/index.html

◆民事調停
話合いによりお互いが合意することで紛争の解決を図る手続で、調停委員が裁判官とともに解決に当たります。

※民事調停について(裁判所ウェブサイトより) 
https://www.courts.go.jp/saiban/syurui/syurui_minzi/minzi_04_02_10/index.html