一発回答

聞いちゃえ広場

もしよろしければ個別にご相談ください

  • 2015-02-27
  • 名前:ザ・ハウス

海外在住さん、こんにちは。

いつもまるわかり注文住宅をご覧いただいているようで、誠にありがとうございます。

海外在住の方の住宅ローンについては、各銀行独自の基準があり、銀行によって判断が異なります。銀行によって条件は様々ですが、在留証明や源泉徴収票等の書類を提出できれば、問題なくお借入ができる場合もあるようです。

なお、住宅ローン控除を受けることをご希望の際は、取得時に居住者である必要がありますので、ご注意ください。

・入居希望の時期まで1年半の期間有

→工務店の選定から建物の完成までには10ヶ月~12ヶ月程度が必要と言われています。土地が決まるまでにどれ位の期間がかかるかにもよりますが、その期間を仮に6ヶ月と想定しても、一般的には現実的なスケジュールではないかと思います。

・日本に土地はないので、土地を探し気に入った所があれば一時帰国などで直接確認し、契約。

→お手間は掛かるかもしれませんが、重要なポイントでご帰国できるのであれば、問題ないのではないかと思います。

・土地購入は頭金3000万まで用意出来るので、現金で購入予定。

→工務店の支払い条件を考えると、いくらかは建物資金に充当した方がいいかもしれません。

・購入する地域は実家のすぐ近くなので、手続きの書類準備や土地のチェックなどもお願いすれば可能

→問題ありません。

・工務店にて建築希望

→問題ありません。

・建物は住宅ローンを組む必要があるが、着工金位までは自己資金で準備可能(貯金はゼロにはなりません)

→工務店の支払い条件は、一般的に、契約時、着工時、上棟時、竣工引渡時に分かれます。一方、銀行からの融資実行は、原則として、竣工引渡し時の1回となります。もし銀行が途中の資金を分割実行してくれない場合には、途中の資金は自己資金で手当てをする必要が生じます。その場合、土地にあてるご予定の自己資金を建物のお支払いにまわし、建築資金に対する50%前後の資金を充当した方が、工務店を選ぶ際の選択肢が増えるかもしれません。

もしこの掲示板で個別の詳しいご条件をご記入されることが憚れるようでしたら、ザ・ハウス@工務店からメールで個別にお問合せください。より詳しいご助言ができるかと思います。