敷地から基礎がはみ出した

ブックマーク:
この記事は、実際にザ・ハウスに寄せられたご相談を再構成したものです。

◆ケース

建築家に設計を依頼し、見積り、工務店の決定と順調に計画が進んだのですが、いざ着工して基礎の工事が終わってみると、建物が敷地からはみ出していることが分かりました。

建築家は「工務店のミス。指示通りに施工をしなかったのだから、工務店にやり直しを命じる」と言い、工務店は「建築家の図面の指示通りに工事を行ったのだから、こちらに責任はない」と言っています。

今後どのようにしていったらいいでしょうか。

◆解説

建築の場合、残念ながら関係者が責任を擦り付け合うのはよくあることです。そうなると両者にいくら話を聞いても埒が明かないところですが、このケースの場合は図面を確認すればどちらのミスかは明らかですので、建築確認を認可した自治体などで確認すれば原因がはっきり分かるはずです。

いずれにしても隣家との関係もありますので、費用はかかっても弁護士を立て、隣家のことも含めて解決することが望ましいケースです。

まじめな家づくりセミナー