設計事務所のメリット・デメリット

ブックマーク:

設計事務所に設計を依頼する場合でも、施工は工務店が行いますので、設計事務所の家の特徴にはそれぞれの工務店の特性も加味されます。

例えば、設計事務所の仕事をやりなれている工務店と、そうでない工務店では見積り調整の期間や工期において大きな差が出ます。

ここでは、不確定な設計事務所と工務店の相性をなるべく考慮せずに、一般的なお話をしたいと思います。

(1)コスト

設計事務所が設計と監理をワンセットで行うことを「設計監理業務」と言いますが、ハウスメーカーでは数十万円ほどの「設計料」で済むのに対し、設計事務所の場合は数百万円単位の「設計監理料」が必要になります。

ハウスメーカーはあらかじめ基本仕様が決まっており、自社で施工を行うため、一棟毎に詳細な設計図面を描く必要がありません。しかし設計事務所は、施工を行う工務店に指示するための図面を、ゼロベースから一棟毎に描かなければならないため、ハウスメーカーに比べると数倍の量の設計図面を描く必要があります。

また、施工段階に入ると、設計事務所は施工を行う工務店に対して「監理」を行います。これは設計図面で示した指示や意図の通りに施工ができているかどうかをチェックする作業ですが、これらの作業に対するフィーも発生します。

工事費に関しても、一棟一棟の住宅に合わせた特注品やデザインに配慮した材料を使うことが多く、また工務店の施工精度も厳しい水準が要求されますので、その分、工務店が自社で設計施工を行う場合に比べると高くなる傾向があります。

以上のことによって計画期間も長くかかりますので、仮住まい費用などの諸経費もかさむことになります。

仮に同じ土地に同じ床面積の家を建てた場合、理論的には設計事務所で建てた方が、自社で設計施工を行う工務店やハウスメーカーよりも高くなりますが、個々のケースに焦点を当てると必ずしもそうとは言えません。例えば、ハウスメーカーの場合は、土地の条件によってコストが急上昇することがありますので、特に都市部の狭小地や変形地では結果として設計事務所の家の方が安くなる場合もあります。

特に新規に土地を購入する場合は、設計事務所の設計は敷地形状に対する自由度が高く、欠点のある安い土地でも急激なコストアップが生じることが少ないため、土地を選択できる前提で総額を比較すると、三者の差は縮まります。

なお、自社で設計施工を行うハウスメーカーや工務店は契約の前に工事費を提示できますが、設計事務所の場合、設計を終えて見積りをとった時点で工事費が判明します。建築家を決める時点では、工務店が請け負う正確な工事費は分からないというのも設計事務所のデメリットです。

(2)設計の自由度とデザイン

法令・予算以外の制約は一切なく、完全な自由設計が可能で、いかなる工法や仕様も選択することができます。

制約が一切ないということは、よりオシャレな家を建てられるということではありません。そこまでは工務店やハウスメーカーでもある程度は可能なことです。

制約がないことの本質的な意味は、それぞれの家族のライフスタイルや土地の環境に合わせた設計を、全くのゼロベースで考えることができ、施工者の都合よりも、住まい手の生活スタイルや周辺環境を考慮した設計ができるということです。

また、条件の悪い土地でも、建物のプランニングに影響が及びにくく、特に超狭小住宅や地形が極端に悪い土地などでは、コストパフォーマンスの点でも優位になることがほとんどです。

これらのことは、設計の自由度だけではなく、建築家の設計思想にも関係しています。

施工も請け負う工務店やハウスメーカーが、住宅をそれだけで完結する「ハードウェア」と捉えがちなのに対して、建築家はまず家族の個性や住環境ありきの「生活を構成するソフトウェア」と考えます。

よって、建て主の理想的な生活を実現するためにどのような形を作ればいいか、というのが設計上の最優先課題となります。

ただし、多くの場合、細部の仕上げ方などの施工技術上の知識は、工務店の方が勝っており、上手な建築家は施工を担当する工務店の知恵をうまく引き出して家を建てます。一方、工務店をうまく扱えない建築家は、詳細な性能において工務店の設計・施工の家に劣る場合があります。

デザインに関しては、好き嫌いはあるにしても、デザインに気を配らない建築家はまずいません。建築家は正確には意匠建築家であり、デザインを重視することが前提になっています。

このように、工務店やハウスメーカーと比較して、設計やデザインの自由度は設計事務所が最も優位であり、これは設計事務所の大きなメリットといえます。

(3)品質

ここでは、「欠陥住宅になりにくい」「手抜き工事を防ぎやすい」という視点で品質を考えてみます。

欠陥住宅を防ぐためには、「監理」という役割が重要になってきますが、設計事務所で建てる家の場合、建築家が建て主に代わって監理を行いますので、チェックされる側とチェックする側とをはっきりと分けることができます。また、建築家が監理に手心を加える理由もありません。

つまり、設計事務所の家は監理に正常なチェック機能が働き、手抜き工事になりにくいことが大きなメリットといえます。

ただし、ハウスメーカーが繰り返し同じ仕様の家を作りながら不具合を改善できるのに対し、設計事務所の家は一つ一つが異なる仕様のため、建ててみないと不具合が生じるかどうか分からないという特性があります。

しかし、それは手抜き工事による欠陥住宅とは意味が異なり、竣工後にいくらかの改修を経て最終的に完全な家に仕上げることが、完全注文住宅の元々の特性であり前提といえます。

(4)保証

設計事務所に設計を依頼した場合は、施工した工務店が保証元になります。

工務店は、品確法によって竣工後10年間の瑕疵保証や、住宅瑕疵担保履行法によって資力確保措置(瑕疵保険への加入または保証金の供託)が義務付けられており、それはどの依頼先でも変わりありません。

(5)ローンの組みやすさ

工務店やハウスメーカーが金融機関と昔から協働関係にあるのに対し、設計事務所で建てる家はまだまだ認知度が低く、金融機関に対して十分な説明が必要です。

また、建築家が融資の段取りをつけてくれることはありませんので、建て主自身が交渉し、手続きをしなければなりません。

原則として、住宅ローンはマンションや建売住宅の購入に最適化された仕組みになっています。注文住宅の場合ももちろん住宅ローンを組むことはできますが、大手ハウスメーカーが注文住宅用の住宅ローンに配慮したサポートや仕組みを備えているのに対し、設計事務所に依頼する場合は、申し込みや融資実行のタイミングをご自身で金融機関に説明する必要があります。

また、建物だけでなく土地の購入にも住宅ローンを利用する場合は、土地の購入から竣工までの期間が長いことを理由に、金融機関から難色を示されることがあります。

設計事務所に依頼する場合でも事前に十分な説明を行えば、それが原因でローンが組めないことは稀ですが、ハウスメーカーや工務店で建てるケースに比べて少々不便さが伴う部分があります。

・設計やデザインの自由度が高く、このメリットが活かしきれないと割高になる。

・施工者以外が工事を監理を行うことによって、手抜き工事を未然に防ぐ。

・住宅ローンを組むことに不便が伴う。

(矢野)

※関連サイト「ザ・ハウス@建築家」を開きます

まじめな家づくりセミナー