ブックマーク:
準備

1.新居のコンセプト作り

新居の枠組みや概要を決めておくと後々の計画がスムースに進みます。

「誰が、どのように住むか」の確認

子供の独立・結婚、親との同居など、家族の出入りを予測します。

どの位の広さが欲しいかの検討

面積は費用に大きく影響しますので、必要な面積の目処をつけます。

「どんな家を建てたいか」の確認

様々な事例を見て、どのような家を建てたいか、夢を膨らませます。

2.資金計画をたてる

家づくりの費用をつかむ

必要な資金の目処を立てる

3.土地探しの下準備

土地探しの全体像をつかむ

予定地の検討

家族の事情や土地価格を考慮し、どのエリアに住みたいかを検討します。

土地予算の仮決め

予算なく土地探しを行うと、目移りがして建物予算が圧縮されてしまい、いい結果を得られにくくなります。
後日、建物予算と見合わせて再調整し、土地探しを始める前に土地予算を確定させましょう。

4.依頼先の検討

依頼先による違いを理解し、ご家族にピッタリの建て方を検討します。
また、依頼先によって価格帯が異なりますので、予算とも見合わせる必要があります。
この段階では業者まで選定する必要はありません。

ハウスメーカーで建てる家とは

工務店で建てる家とは

設計事務所で建てる家とは

建物予算の見当をつける

今まで集めた情報を元に、建物予算の見当をつけます。
建物予算には税金や諸費用も含まれますのでご注意ください。

5.予算計画の最終確認

予算計画を固めます。
予算はその後の状況やご要望によって増減しますが、可能な限りここで決めた予算を守ることが成功する家づくりの秘訣です。
予算確定後は、何かを足す場合は同時に何かを引くという発想で臨みましょう。

予算計画の作成とチェック

資金と予算、土地と建物のバランスをうまくとることが大切です。
また、無理のない返済計画を立て、最終的に予算がオーバーしないように、一部を予備費としてとっておくことも大切です。

金融機関への打診

融資を受ける金融機関の目処をつけ、実際に足を運んで融資が受けられるかを打診し、予算計画の裏づけを取ります。

まじめな家づくりセミナー