ハウスメーカーって何?

ブックマーク:

「ハウスメーカー」という言葉には、実は、正式な定義はありません。あえて定義をするならば、ハウスメーカーとは、「自前の生産設備を持ち、工業化(プレハブ化)または建築資材の一部を規格化することによって、注文住宅の大量生産を全国規模で展開している会社」と言うことができます。

そもそも住宅は、その家、その家ごとに一品生産されるものですが、個別に生じる設計や施工方法をあらかじめ統一しておくことで、品質と生産効率を高めようとしたのがハウスメーカーです。

ハウスメーカーの住宅は、住宅の工法や部材、サイズなどの基本仕様について、行政から「こういう工法、仕様で家を建てます」という認可をあらかじめ一括して取得し、その規格の範囲内で設計、施工を行います。これによって、本来家を建てるために必要な手続き等を簡略化することが認められており、これを「型式適合認定」と言います。

つまり、大変割り切った言い方をすると、「ハウスメーカーの住宅=型式適合認定を受けた住宅」と言えます。ハウスメーカーの中でも、木造軸組工法、ツーバイフォー(2×4)工法などの一般的に広く普及している工法の商品では、型式適合認定を取得していないケースもありますが、このようなケースでも、程度の差こそあれ、建築資材の一部を規格化することによって工業化を図っていますので、この点で本質的な違いはありません。

ハウスメーカーの住宅は、一般的な住宅で求められる個々の建築確認や審査を簡略化することができ、あらかじめ部材を大量に仕入れたり、前加工することによって建物自体の原価を大幅にコストダウンすることができるため、1つ1つの建物の品質を一定の水準に保つことが可能になります。

逆にいうと、ハウスメーカーの設計の自由度は、自由設計とは言っても、あらかじめ認可を受けた型式適合認定や各ハウスメーカー毎の規格の範囲内に限られます。

なお、ハウスメーカーによっては、自社の型式適合認定の枠にとらわれない住宅を販売する部署(特建事業部等)を持っていることがあります。この場合は、企業規模や保証体制の差はありますが、実質的には工務店と同じであり、本来、ハウスメーカーが持っている工業化のメリットは少なくなります。

・ハウスメーカーとは、規格化・工業化によって住宅を大量生産し、全国規模で事業展開する会社。
・規格化・工業化することによって一定の品質を保つことができる。
・原則として、許認可を取得した工法以外の住宅は販売しない。
(山本)

※関連サイト「ザ・ハウス@ハウスメーカー」を開きます

まじめな家づくりセミナー