注文住宅 vs 建売住宅

ブックマーク:

注文住宅と建売住宅は様々な面で対照的であり、それぞれのメリット・デメリットもはっきりしています。

注文住宅のメリットは好きな土地に好きな家を建てられるということであり、建売住宅のメリットは安価で、買えばすぐに住めるということです。
そして、デメリットはその裏返しになります。

項目ごとに見ていきましょう。

なお、建替えの場合は注文住宅以外の選択肢がないため、以下は土地からの取得を前提にしています。

◆土地

注文住宅では好きな土地に家を建てることができますが、そもそも希望の条件に合った土地とめぐり合うこと自体が簡単ではありません。
多くの方が土地探しでご苦労されており、なかには理想の土地が見つからないために計画が頓挫するケースも少なくありません。

一方、建売住宅はすでに土地付きであり、土地探しの苦労はありません。

◆設計・仕様

注文住宅は建て主の要望ありきですので、法律と予算が許せば、いかような家も建てることもできます。
デザインに凝った家、ライフスタイルや趣味を反映した家、用途のハッキリした家、グレードの高い家を望む方は、注文住宅が有力な選択肢になります。

特にライフスタイルと住まい方が切り離せない方は、自由な仕様というのは何事にも変えがたいことでしょう。

昨今は、ある程度デザインされた建売住宅も増えていますが、あくまでもラッピングとしてのデザインであり、本質的には建売住宅の仕様や間取りは極めて汎用的です。
なぜなら、個性を強めれば強めるほど顧客層が限定されて売りにくくなってしまうからです。

供給側の論理に立てば、土地購入費や建築資金にかかる金利、地価変動のリスク、売れるまで継続する広告費や人件費などを考えると、建売住宅の販売でもっとも重要な要素はスピードです。

どの方にもピッタリではないけれど許容範囲の間取り、地域に合わせたグレード感、ボリュームゾーンに好まれるちょっとおしゃれな見た目、という仕様が一刻も早く在庫を販売するための大原則といえます。

ちなみに、住宅のデザインにも流行りがあり、やはり素早く売るための作戦として建売住宅の表面デザインは流行りに敏感です。
ファッションと同じで確かにその時はよく見えますが、いずれはかえって古臭いイメージとなり、その時に服のように簡単に着替えることは出来ません。

◆価格

住宅は個別のものですので単純な価格の比較はためらわれますが、一般的に言えば、価格は建売住宅の圧勝です。

まず、土地は大きな土地を仕入れていくつかに割る、業者間取引で仕入れる、競売物件を買うなど、建売業者は一般施主が住宅ローンを組んで土地を購入するよりも安く土地を仕入れることが可能です。

建物も何棟かを同時に建築することによって、設計費や仮設工事費を浮かせる、共通建材を一度に仕入れる、監督が複数棟を兼任するなど、いわゆるスケールメリットを活かしてコストを下げています。

また、建材や設備は既製品しか使わない、目に付かないところはグレードを落とす、メーカーが表に出していない建売向けの商品を使う、などによってもコストダウンを図っています。

さらに、時間=コストですので、注文住宅の半分ほど工期で設計・施工を行うことも少なくなく、設計者や職人さんも建売に慣れた作業が早く単価が安めの方に依頼します。

このように、多くの努力がスピードとコストダウンに注がれており、広告費や利益を上乗せしても注文住宅に圧勝するほどの価格を実現しています。

◆期間

当然のことですが、注文住宅は「建てる」もの、建売住宅は「買う」ものですので、住宅取得を思い立ってから住まい始めるまでの期間も建売住宅の圧勝です。

手続きさえ終わればすぐにでも住むことが出来ます。

一方、注文住宅は最低でも9ヶ月、長ければ2年近くかかることもありますし、その前に土地を探す時間も必要です。
計画期間中は二重に居住費がかかる場合もありますし、工期が遅れて設定した生活の節目に入居が間に合わない、ということも起こりえます。

◆労力

労力の大小ということであれば、これもまた建売住宅の圧勝です。

注文住宅の場合は、長い計画期間の間、何度なく打合せをこなし、また数え切れないほどの意思決定をしなければなりません。

しかし、これは注文住宅のデメリットとは一概に言えません。

実際に注文住宅を建てる方はそのプロセスを楽しんでらっしゃる方がほとんどです。
やっと完成したのに、かえって楽しかった計画期間が終わったことを嘆いている方もいらっしゃるほどです。

逆に言えば、家づくりのプロセスを楽しめない方は、注文住宅には向いていないかもしれません。

◆注文住宅か?建売住宅か?

以上、各項目を比較しましたが、予算に余裕のない方、住宅に対するこだわりの少ない方、入居期限が迫っている方、他者との協働が苦手な方は建売住宅が向き、それにあてはまらない方は注文住宅が向いているとおおよそ言えるのではないでしょうか。

(関)
まじめな家づくりセミナー