設計コンペで建築家を選んだら…

ブックマーク:

この記事は、実際にザ・ハウスに寄せられたご相談を再構成したものです。

◆ケース

いろいろなプランを比較してみたいと思いネットコンペで建築家を選びました。

とても素敵な思いがけないプランが出揃い、その中から一番に目を引いた大きな吹き抜け・大きなガラスの窓のある開放感あふれるプランを採用し、打合せを進めました。

ところが、いざ図面が完成し、工務店に見積りとったら予算を2000万円もオーバーしてしまいました。

数社から見積を取ったのですが、予算内で建ててくれる工務店が見つかりません。どうしたらよいでしょうか。

◆解説

残念ながら、見積り段階での大幅な予算オーバーは、住宅設計の実績が少ない建築家に依頼した場合や設計コンペで建築家を選んだ場合に比較的多く見られるトラブルです。今回のケースは建築家のコスト感覚に問題があったのかもしれません。

これまで何社もの工務店に見積の依頼をされているのであれば、現在の設計のまま、ご予算内で請け負う工務店を探すのは難しいと思われます。仮にこのままの図面内容で請け負う工務店があったとしても、その工務店にお願いした場合、何らかの問題が起こる可能性も否めません。住宅にも適正価格がありますので、それを大きく下回ると仕上がりに差が生じるなど、施主の方に大きなリスクがあるとお考えください。

設計コンペでも、施主の方のご要望には予算などの条件も伝えられているはずですので、本来予算で建てられないということは無いはすです。

しかし、住宅規模の設計コンペに参加する建築家は経験の少ない建築家が多く、経験と共に育っていくコスト感覚が十分でない方も少なくないようです。

また、建築基準法や地域の法令にも詳しくないと後々法令を満たすための設計変更を余儀なくされ、変更の仕方によってはコストが思いがけず上がってしまいます。

多くのプランを比較できる設計コンペでは、デザインの良さや思いがけないプランに目が行きがちですが、コンペの場合でも建築家の経験やコスト管理能力なども十分に考慮に入れて選考する必要があります。

建築家に納得のいく説明を求め、建築家の技量に対する疑いが晴れない場合は思い切ってキャンセルをするか、この時点で工務店を入れて工務店主導で設計の整理をする方法もあります。

まじめな家づくりセミナー