完成保証

ブックマーク:

「建築途中に建築会社が倒産してしまったらどうしよう」とご不安に感じる方もいらっしゃると思います。

建築会社と工事請負契約を結び、その会社が着手金や中間金を支払った後に倒産してしまった場合、支払い済みの代金が返還される可能性は極めて低くなります。

また、中断した工事を別の建築会社に引き継いでもらうには、倒産した建築会社が設置した足場の撤去工事費なども必要です。

建築の途中で建築会社が倒産してしまった場合には、それまでに支払った費用の損害だけでなく、中断した工事を完成させるための費用も必要になるため、当初に契約した建築費以上に多額の費用を要してしまう恐れがあります。

完成保証はこうした事態に対応し、損害を最小減に留めるための保険です。

完成保証は、「工事の引継ぎによって増えてしまった費用を当初の請負金額の○%を限度額として保証する」、「前払金と工事の出来高に差額が生じてしまった場合の損害を保証する」、「工事を引き継ぐ建築会社を斡旋する」など、それぞれの保証機関によって保証の対象や内容、限度額などが異なります。

また、保証内容だけでなく、完成保証の適用を受けるために必要な保証料も各保証機関によって様々です。

完成保証を受けるにあたっては、以下の点にご注意ください。

(1)依頼する予定の建築会社が完成保証に加入しているかを確認する

まずは、依頼する建築会社が、完成保証に加入しているかどうかをご確認ください。

完成保証は、すべての建築会社が加入できるものではありません。建築会社が完成保証に加入するには、各保証機関の所定の審査をクリアしなければなりません。

建築会社は、保証機関に財務諸表や業務実績を提出し、代表者面接などの審査を経て、初めて完成保証制度に加入することができます。

ただし、完成保証制度に加入しても、完成保証が適用できる年間棟数に限度があったり、審査基準に適合しているかどうかの更新手続きがその都度必要になります。

(2)保証内容について説明を受ける

ひと口に完成保証と言っても、その保証会社によって内容は様々です。
建築会社によって加入している保証会社が異なりますので、特に保証の対象と限度額、保証料、免責事項を十分にご確認ください。

詳しくは、下記の<参考>に完成保証を提供している主な保証機関をあげましたので、ご参考にご覧ください。

(3)完成保証の適用を受けるための申請を行う

完成保証に加入している建築会社と契約を結んだからと言って、その建物に完成保証が適用されるわけではありません。個々の建物ごとに完成保証の申請を行う必要がありますので、建築会社を通じて保険の加入手続きを行ってください。

完成保証は、施主が自らのリスクを軽減するための保証ですので、保証料は施主が負担することになります。完成保証の適用を受けるための料金は様々ですが、比較的安価なもので5万円前後、高くても10万円前後に収まるケースが多いようです。

<参考>

・完成保証とは、建築会社の倒産によって生じた損害を補う保証。
・保証内容は、保証会社によって違いがある。
・建築会社を通じて申し込み、通常保険料は建て主側が払う。

(矢野)
まじめな家づくりセミナー