完成見学会を見る時のポイント

ブックマーク:

工務店や設計事務所を検討する場合、ハウスメーカーのような住宅展示場がないことが多く、なかなか実際に建っている家を見ることができません。

そこで参考にしたいのが、完成見学会やオープンハウスです。

しかし、気を付けたいのは、これから建てる住宅は、完成見学会やオープンハウスで見た住宅とは全く違うものだという点です。

・完成見学会を見る時の注意点

実際の建て主が建てた完成見学会やオープンハウスでは、ハウスメーカーのモデルハウスを見る時とは少し違った注意が必要です。

注意しなければならないのは、完成見学会の住宅は、あくまでもその建て主自身にぴったり合うように建てられた家だという点です。

好みや使い勝手、家族構成、立地条件、予算など、全く前提条件が異なる建て主が建てた家ですので、当然のことながら、価値観や生活スタイルが違う人が見たら、しっくりこない点がたくさんあるのも当然です。

プランや素材が自分の好みと合っているかという見方ではなく、建て主の要望に対してその建築会社がどのように応えたのかを確認し、その会社ならではの工夫や提案力を理解するようにしましょう。

特に設計事務所や設計力に秀でた工務店の場合、その建て主の生活スタイルがより際立った住宅になることが多いため、単に自分の考えや好みと違うからといってマイナスの評価をするのではなく、むしろ設計の対応力に優れていると考えた方がいいでしょう。

完成見学会で見た住宅の使い勝手や間取りが「気に入った、気に入らない」ということだけで、その建築会社の全てを判断してしまうとかえって評価を誤ってしまうので注意しましょう。

(矢野)
まじめな家づくりセミナー