ブックマーク:

リフォーム後の図面について

  • 名前:ゆき
  • 日時:2017年8月29日
  • Reply

ネットで御社を拝見しました。質問があります。2006年に間取りを変えるリフォームをしました。間取り変更後の図面を業者さんからいただいていないことに気づきました。本来なら、業者から頂けるものですか?
2階リビング内のメインの柱を二本抜きました。梁をしたから大丈夫と言われましたが、3階にある子供部屋のドアが二つとも閉まらなくなりました。(最近になって、、)家が傾いている可能性もあるのでしょうか?プロのご意見を頂けたら参考になります。。

インスペクションをお受けになることをお勧めします

  • 日時:2017年8月29日
  • 名前:ザ・ハウス
  • Reply

ゆきさん、こんにちは。

ドアが閉まらない原因が家の傾きによるかもしれないとなると、さぞご心配なのではないでしょうか。

リフォーム当時のお住まいの状況、またリフォーム工事の内容が詳しく分かりませんので、あくまでも一般論となりますが、ご参考にしてみてください。

まず図面に関しては、本来は業者さんからいただけるものです。
工事内容をお互いに確認し合う意味もありますので、本来であれば工事請負契約書の見積書などとあわせて図面が添付されるのが一般的です。契約書がない場合は発注書でやりとりされることもありますが、これらのリフォームを依頼した時の書類の中に図面がないかを今一度ご確認下さい。

ドアが閉まらない原因に関しては、単にドアの「建付けが悪い」という軽微なことかもしれません。

ただし、過去に柱を抜くリフォームをされた経緯、また地盤沈下の可能性まで含めて考えると、建物の構造に問題が生じている可能性も否めません。3階のドア以外にも、他の階のドアや窓が開閉しずらくなっていたり、外壁に亀裂が入っていれば、構造的な問題に及んでいる可能性が高いのではないかと思われます。

いずれにしましても、建築士やホームインスペクターなどに第三者検査を依頼し、構造的な問題が生じていないかどうかを調査されることをお勧めします。

※参考/インスペクション業者の選択
http://chumon-jutaku.jp/kichae_matome/reform/7732/

インスペクションの結果、もし構造的な問題が生じていると考えられる場合は、調査結果を踏まえて複数のリフォーム会社から見積りを取り、工事内容に関してゆきさんが納得のいく説明を求めてください。