消費税増税と住宅取得のタイミング

ブックマーク:

平成28年(2016年)11月の税制改正により、消費税率の8%から10%への引上げ時期が平成29年(2017年)4月1日から平成31年(2019年)10月1日に変更されました。

以下の記事は、平成29年(2017年)7月現在の内容ですので、詳しくは、「消費税法改正のお知らせ」/国税庁ホームページをご確認ください。

住宅は高額のため、消費税率の引き上げに伴う購入時の負担が大きく資金計画に影響します。

特に注文住宅の場合は、計画のスタートから入居までに1年前後の時間がかかり、依頼先(ハウスメーカー、工務店、設計事務所)によっても計画期間に違いがあります。

「もっと早く家づくりを始めておけば良かった!」とならないように、住宅にかかる消費税や新税率適用のタイミング、依頼先別の計画期間を確認しておきましょう。

新税率適用のタイミング

平成31年(2019年)10月1日以降に引渡しを受ける住宅は、新たな税率10%が適用されます。

ただし、注文住宅など請負契約を行う住宅については、新消費税率施行の半年前までに請負契約を締結した場合には、旧税率が適用される経過措置がとられます。

旧税率が適用される経過措置

平成31年(2019年)3月31日までに請負契約を締結した住宅は、10%への税率引上げ後(同年10月1日以後に引渡しの場合)においても、改正前の税率(8%)が適用されます。

依頼先別のスケジュール

下記に依頼先別のスケジュールをあげました。
なお、下記のスケジュールには、土地探しや依頼先の検討期間は含まれていません。

5%から8%への増税時には、駆け込み需要によって職人や製品の手配に混乱が生じ、一部で工事の遅延や工事費の上昇が見られました。8%から10%への増税時にも同様のことが起こる可能性がありますので、家づくりをご検討の方は、余裕をもってご計画をスタートされることをお勧めいたします。

税率8%が適用される注文住

<ハウスメーカーで建てる場合>

消費税8%の適用を考えた場合、ハウスメーカーの一般的な計画期間は計画の開始から入居まで約10.5ヶ月ですので、家づくりのスタートは遅くとも平成30年(2018年)11月が目安となります。

「ハウスメーカーで建てる場合のスケジュール」の詳細はこちら

<工務店で建てる場合>

消費税8%の適用を考えた場合、工務店の一般的な計画期間は計画の開始から入居まで約11ヶ月ですので、家づくりのスタートは遅くとも平成30年(2018年)11月(税率8%適用)が目安となります。

「工務店で建てる場合のスケジュール」の詳細はこちら

<設計事務所で建てる場合>

消費税8%の適用を考えた場合、設計事務所の一般的な計画期間は計画の開始から入居まで約13.5ヶ月ですので、家づくりのスタートは遅くとも平成30年(2018年)8月(税率8%適用)が目安となります。

「設計事務所で建てる場合のスケジュール」の詳細はこちら

2014/03/31加筆修正
2014/11/30加筆修正
2015/11/19加筆修正
2016/06/10加筆修正
2017/07/15加筆修正

(山本)
まじめな家づくりセミナー