リアルな家も見ておきたい
構造・完成見学会!

都道府県を選びなおす

神奈川県の構造・完成見学会

冬の「パッシブ冷暖の家」体感会

  • 設計施工:株式会社参創ハウテック
  • 日時:2月2日(土)10:00~15:00
  • 場所:

    神奈川県川崎市川崎区

  • 主催:株式会社参創ハウテック
  • HP:https://www.juutaku.co.jp
案内のご請求:  メール
 0120-338-153(武田 由紀子)

ご好評につき、2月も神奈川県川崎市川崎区にて「パッシブ冷暖の家」体感会を開催致します。

1月12日(土)開催時は、小雪が舞う寒い日に、暖かくて快適な室内を実体験して頂くことができました。真冬の寒い時期にこそ、「パッシブ冷暖」のメリットをぜひ体感してください!

限られた敷地面積を最大限に活用し、収納を充実させた「ゼロエネルギーハウス」です。パッシブ冷暖システムを設置して、爽やかで心地よい快適な住空間を実現しました。一般的な床下エアコンでは場所ごとの温度ムラができてしまうことが多いのですが、「パッシブ冷暖」はシンプルなシステムでその課題を解決しています。

登録日:2019年01月15日[削除]

”上和田の家”オープンハウスのご案内

  • 設計:大島功市建築研究所
  • 日時:2019年2月2日(土)、2月3日(日)11:00~17:00
  • 場所:

    神奈川県大和市

  • 主催:大島功市建築研究所
  • HP:http://ohkokk.boo.jp/
案内のご請求:  メール
 042-326-2233(大島功市)

この度…神奈川県大和市の地に真っ白なお家が完成します!
クライアントのご厚意により、現在施工中の”上和田の家”のオープンハウスを行うことになりました。
ご希望の方は ohkokk@yahoo.co.jp まで、住所・氏名・電話番号をメールにてお知らせ下さい。
後日、案内図をお送り致します。

日時:2019年2月2日(土)、2月3日(日)/11:00~17:00
場所:神奈川県大和市(最寄り駅:小田急江の島線/桜ヶ丘駅 徒歩15分)

★上和田の家
・100坪の旗竿敷地に計画された建坪40坪、延坪55坪の木造2階建の専用住宅
・東南からたっぷり光を採り入れたプラン
・1階には端から端まで軒を設置して雨の日にもやさしい設計
・2階には大きな深い庇を配置し雨の日にも心地よいテラス空間
・北側には二層の壁で囲まれたプライベートな中庭…お風呂・トイレ・玄関ホール・廊下に採光を確保
・24時間弾ける防音ピアノ室
・トレーニング機器を備えた本格的なトレーニングルーム
・大きな玄関ホールには和室の障子が行灯として活躍
・ステンレス製WALL型キッチン
・森に向けて緩やかな一寸勾配で上がる天井
・吹抜・大開口を持つ…光をたっぷり取り込む26帖のLDK
・2階ホールからは隣接する雑木林を望む
・2階テラスと一体となった大屋根

みなさん是非足をお運び下さい(^^ゞ

登録日:2019年01月07日[削除]

川崎市T邸構造見学会

案内のご請求:  メール
 0120-28-0054(高橋郁夫)

敷地は一見すると旗竿敷地に見えますが、この旗竿部分は通称「位置指定道路」と呼ばれるものです。その短い道路の奥にある敷地は約45坪の四角形で、西側は家が迫っていますが、南側は駐車場、北側はマンション、東側はマンションへの通路・駐輪場になっています。

建て主は空間やデザインに対する感度が高く、当社のことを気に入ると同時に、オーナー住居の見学を希望されました。契約の前後にまたがって大磯、平塚、茅ヶ崎、藤沢、横浜と、訪問ツアーの2軒を含めて6軒の住居を見学され、自身の五感で広さや空気感、デザイン等を確認していました。

また、拙著「最高にわかりやすい住宅の間取り教室」を持参されてのヒアリングだったので、玄関はこの形、水回りはこの形といった希望がスムーズに共有できた点も特筆されます。

そしてご自身で狙いを定めた3軒の住宅から取り入れたい部分を集め、選抜チームのような贅沢な間取りと空間が生まれました。特に1階のメイン空間であるLDKと玄関は、某住まいに敬意を払って写し取った形ですので、完成した暁には原形のオーナーをお誘いしようと思っています。

登録日:2019年01月21日[削除]

藤沢市T邸構造見学会

案内のご請求:  メール
 0120-28-0054(高橋郁夫)

敷地周辺の道路は、車が通り抜けにくく計画されて通過交通がないため、良好な住環境を保っています。そんな住宅地の一画に、分譲当時に建築された建て主のご実家があります。南側道路で間口も広く、日当りの面でも理想的な条件の下、子育て家族が暮らす住宅への建て替え計画です。

ご家族は、夫婦と2人のお子様という4人家族。共働きのため、朝夕の奥様の忙しさが「半端ない」のは言うまでもありません。要望はずばり「家事のしやすい家」でした。洗面室、浴室、キッチンなどの水回りをまとめ、バルコニーは設けず、洗濯動線は1階で完結させています。

ダイニングテーブとキッチンを横並びの関係にしました。対面キッチンだと回り込む必要がありますが、直列型は配膳動線が最短です。このキッチン+ダイニングを中心に、リビング、スタディコーナーで構成される家族空間、そして襖を引けばLDKと一体になる和室(仏間)があって、大きな広がりです。
5帖×2室の子供部屋、書斎スペースを備えた主寝室など、2階も充実したお住まいです。

登録日:2019年01月21日[削除]

横浜市T邸完成見学会

案内のご請求:  メール
 0120-28-0054(高橋郁夫)

住宅地の一角に、周囲の家に比べて明らかに佇まいの良い住宅が2棟並んでいます。たった2棟ですが、設計者が同じということで町並みに統一感が生まれ、非常に好ましい雰囲気です。その2棟の奥に小さな住宅をつくる計画のため、品の良い佇まいを目指しました。

初めてお会いした時、建て主は「屋根が草で覆われた家」を希望されていました。実現できれば面白かったのですが、最終的には2階屋根を葺き下ろした大屋根の家になりました。基本的には生活が1階で完結できる間取りですが、2階にも寝室と納戸を設け、その勾配天井が1階のリビングへと連続します。

南側に隣家が迫るため、空地を東側にまとめて庭とデッキをつくり、リビングと庭の一体感も大きな特徴です。長く使っている家具も持ち込み、姿は新しくも、これまでの暮らしの延長にあるお住まいです。

登録日:2019年01月21日[削除]
掲載のお申込みはこちらから
まじめな家づくりセミナー