ブックマーク:

断熱の考え方

エアブレス工法
悩めるNさん(2009/09/04)

東京都内に夫婦2人の新築一戸建てを計画しています。希望は平屋です。
エアブレス工法に興味がありますが、
あまり建築例がヒットしないのでお聞きします。

東京ではエアブレス工法は必要ないのか(寒冷地での例は散見)。
エアパス法やほかの断熱法との優劣。
小さい家には不要?
など、教えてください。
実際に建築された方がいたらうれしいのですが。

また、ザ・ハウスさんでは建築実績はありますか?
また、なくても「登録工務店」にエアブレス登録店(登録しないと建築できないようです)は存在しますか?

ご参考まで
ザ・ハウス(2009/09/05)

悩めるNさん、こんにちは。

エアブレスやエアパス工法などの優劣を、詳しくご回答できるだけの根拠や見識が不足しておりますので、エアブレス工法を採用されているザ・ハウスの登録工務店(関東エリア)に伺った内容をご案内させていただきます。

エアブレス工法は全館冷暖房の機能を兼ね備え、寒冷地でも十分な暖が取れるように、熱源にボイラー(灯油)を使うことなどから、寒冷地で採用されることが多いようです。なお、熱源を電気に変更することは可能です。

関東エリアでは、やや過剰な工法であると感じられるお客様もいらっしゃるとのこと、採用された方々の理由は次のとおりです。

・幹線道路に面した計画地で、窓を開け放しておくことが難しい
・家の中の温度差が無く、朝夕の温度が一定であることを希望
・エアコンの風が嫌い

採用されたご年配のご夫婦は、玄関に入った瞬間から暖かく、ヒートショックの心配が無いと、大変喜ばれているとのことでした。

なお、エアブレス工法のデメリットは、常に壁内を風が流れているため、室内が乾燥気味であること、一般の住宅より10%~20%コストアップになることが挙げられるようです。

詳しくは取り扱い工務店にご相談いただき、完成した建物を体感いただいたり、入居済みの施主様からご感想をお聞きいただくことをお勧めいたします。

ご丁寧にありがとうございました
悩めるNさん(2009/09/07)

ザ・ハウスさんのおっしゃるご意見はネット上でも見かけました。
暖房の面では、関東ではあまり必要ではないのかもしれませんね。

計画しているのは東京都内ですが、住宅地に立地し、とても静かで、親世帯の家が隣接しますが、敷地には余裕があり、南側を庭にして大きく窓を開け放していられる環境になりそうです。
そういうことを考えると過剰な設備なのかも。
ただ、夫婦ともにアレルギー性鼻炎で(通年)、エアブレスがほこりがかなり軽減される工法(フィルターがあるようなので)ということも魅力でした。

それと夫がマンション育ちで、現在もマンションにいることから、一軒家の「底冷え」に難色を示しているのも検討の理由でした。

でも、私もまだまだ勉強を始めたばかりで、
断熱法がどれがいいのか、調べれば調べるほどわからなくなり、困っているのが本当のところです。

どの工法もそれを絶賛されるかたはいらっしゃるし、新しい工法もたくさんあります。
これは、選択した建築家の嗜好で左右されるものと言えますか?
どの工法であってもメリットはあり、それを推されたら揺れている私はなにであっても納得してしまいそうです。

ザ・ハウスさんでは、こういった「断熱法」に悩む施主さんに建築家を推薦する場合は、どういった方を選ばれますか?(もちろんほかの条件もあるでしょうが)

また、皆さんはどういった基準で断熱法を選択したのでしょうか。
建て替えるしか変えることのできない部分なだけに悩みはつきません。

ご参考まで
ザ・ハウス(2009/09/08)

いろいろな断熱法や、それにまつわる工法についてご興味を持たれ、ご自身で勉強されてからザ・ハウスに来店されるお客様も多いように思います。

私どもでは先ず、お客様がどういった事由から断熱に対して興味を持たれたのか、また、その点を解決する為にどのような断熱のレベルを求めておられるのか、と云う話をうかがう処からスタートします。

詳しいお話をうかがわせていただくと、お客様が求めておられる内容が特殊な工法ありきでなくとも、建築家による設計の提案で十分に解決できる場合もあるからです。

逆に、ご希望されている内容が特殊で実績がある限られた建築家でなければ解決出来ないだろうと思われる場合、それに副う方をご案内するようにいたしております。

弊社のサイトの中に、実際に弊社で建築家をご紹介して家を建てたお客様の実例をご紹介している「ザ・ハウスで建てた家」というコンテンツがございます。
http://thehouse-a.jp/tatetaie.html

次回、174棟目の実例(9/14アップ予定)が、悩めるNさんと同じような悩みを持たれてご相談に来られたお客様のお話になります。
何らかのご参考になりますと幸いです。

まじめな家づくりセミナー