日当り(3)

南側に3階建てマンションが。。。
名前:土地探しパパさん(2003/3/24)
北向きの間口9m、奥行き24mほどの、60坪の土地があるのですが、南側には3階建てのマンションがあります。そのマンションのことがネックで、購入を迷っています。3階建てのマンションがあっても、プライバシーを確保しつつ、十分に日差しを取り込める2階建ての設計は可能でしょうか。
依頼先にも関係するのでは
名前:ザ・ハウス(2003/4/7)
土地探しのパパさん こんにちは

お考えの通り、お土地の難点を克服するには、どうしても建物を工夫する必要がでて参ります。
そうなりますと、ご参考までに、依頼先による「設計の自由度」の違いも予めご認識頂いていた方が宜しいかと思います。

ハウスメーカーは、生産上の制約もあって、複雑な地形・狭小地・日当たりの悪い土地といった、困難な条件を克服するだけの対応力は比較的少ないようです。

工務店は、ハウスメーカーより自由度があると言われてますが、それぞれの工務店によって「いつもこうした方法でやっている」という決まり事が少なくなく、これが設計の自由度を狭めている点は否めません。

建築家の場合は、「こうしなければならない」という制約が少ない分、ハウスメーカーや工務店よりも比較的自由度が高いと言えます。
費用の面でも予算の中で要望の取捨選択ができれば、著しい費用の上昇を防ぐ事ができます。

誤解を恐れずに言うと、設計の自由度に注目した場合、ハウスメーカーや工務店の設計の場合は、土地の良し悪しと最終的な住環境が比例しやすく、建築家の場合は、建物の工夫次第で土地の悪条件を上回る住環境を作り出せる自由度を持っていると言えます。

このように、土地探しのパパさんがご検討されている依頼先によっては、お土地の難点を克服できる設計が可能かどうかが分かれるところなのではないかと思いますので、お土地の条件の良し悪しもさることながら、依頼先の設計の自由度もあわせてご検討されてはいかがでしょうか。

アドバイスありがとうございます
名前:土地探しパパさん(2003/4/8)
設計の自由度、確かに、私どもにとって大切な基準です。周りの環境もよいので、なんとか、夢を実現できればと、思っています。ありがとうございました。
まじめな家づくりセミナー