木の外壁は許されるか

木のサイディングを使いたい。
名前:ききさん(2001/5/17)
こんにちは。お世話になってます。
外壁をなんとかしたくて悩んでいます。
大手メーカーから多数のカタログを取り寄せたのですが、どこのメーカーのサイディングも好きになれません。

私としては、木のサイディングで家を建てたいのですが、設計士に相談したところ建築確認申請が通らないよ。といわれてしまいました。
ときどき町で木のサイディングの家を見かけることがあるのですが、市街地に木の家を建てる方法なんてあるんですか?
それとも、特殊な素材でできてるから許されてるのでしょうか?
一部分だけ木のサイディングにするのは、問題ないのでしょうか。

どなたか教えてください。

こんにちは、ききさん
名前:いしいちとせさん(2001/5/17)
木の外壁っていいですね?。私も大好きです。木の外壁の好きな人がいらっしゃることを知ってうれしくなり投稿しました。
昨年建築基準法が大幅に改定されました。そして、まだ私達建築家にも十分な理解が浸透していませんので見落としがあるかもしれません。
●木の外壁が使えるかどうかは都市計画で定めた地域によります。
防火地域、準防火地域では使えません。
防火の無指定地域であっても都市計画で定められた地域では延焼の恐れのある部分ではつかえません。(下地に土壁を塗ってあれば使えました。新法では更に下地材を細かく規定しているようです。)
いずれにしろ、上記のような条件になりますので、首都圏で木の外壁を使える地域は無いのではないでしょうか?地方とか、別荘地などで使える地域もあります。いずれにしろ、ききさんの家を建てようとする敷地が都市計画でどのような地域に定められているかによります。
お問合せの建築士さんは、細かい説明は無かったかも知れませんが、おそらく土地の法的な条件を調べた上で木の外壁は使えないと答えたのではないでしょうか?
ありがとございます。
名前:ききさん(2001/5/17)
ちとせさん
早急な返事ありがとうございます。
あんまり早いのでびっくりしました。
あこがれの木の家だったのですが、法律が大幅に改善されたとはいえ、厳しいのですね。
建築予定地が、防火地域・準防火地域なのかはっきりしてないのですが。
おそらくいずれかに当てはまると思われます。
ショックです。残念無念です。

でも今、ふとおもったのですが、建設予定地の近所に木の家がありました。防火地域、準防火地域じゃないのかなぁ。

準防火でも場合によってはログハウスが可能
名前:上田 勝さん(2001/5/18)
ききさん、こんにちは。

建築予定地が準防火かどうか、または建築基準法22条、23条に該当する土地かどうかは最低限確認してください。

防火地域では無理ですが、準防火地域ならば敷地境界線から壁面線までの距離が1階で3m以上、、2階で5m以上とれるならば外壁が木造でも建てられます。

22条指定区域ならば後退距離がとれなくても、建設大臣が認める防火性能を満たす技術基準であればログハウスが建てられます。設計の方に「土塗壁同等防火性能丸太組工法」であれば建てられるかどうかを聞いてみてください。

ごめんなさい さきさん
名前:いしい ちとせさん(2001/5/18)
ごめんなさい、ききさん。たいして詳しくないのに書き込み
上田さんの詳しい解説を参考にしてください。
●区役所とか市役所の建築指導課の窓口で敷地の条件は親切に教えてくれます。また、今回の疑問点も外壁に木を使えるかということですから、詳しく教えてくれると思います。一度、電話してみたらいかがでしょうか。
●区役所、市役所の売店などでで都市計画地図を買えば敷地の条件なら自分で調べることができます。
調査しました。
名前:ききさん(2001/5/21)
上田さん、ちとせさんいつもありがとうございます。
建築予定地が横浜なので、横浜市役所土地審査課という部署で調べてもらいました。
予定地は、市街化調整地域なので(分家扱いで建築可)防火地域、準防火地域の扱いはされていません。
この事実は、ひょっとしたら木の外壁を使用できると考えてよいのでしょうか。

ただ気になるのは、風致地区という点です。もちろん風致地区申請は提出しますが、役所に相談したほうがいいんですよね。
聞くのが怖い今日この頃です。

風致地区
名前:上田 勝さん(2001/5/25)
ききさん、こんにちは。

私は風致地区内の建築は経験しておりませんのでよくわかりませんが、風致地区内の建築規制に適合する住宅であれば問題はないと思います。後退距離や緑地率など、いろいろ制限がありますが、やはり市の方に問い合わせてみないと詳しいことはわかりません。

まじめな家づくりセミナー