庇は必要か

やはり庇は必要でしょうか
名前:nooyさん(2004/5/13)
現在、家を建て替える予定の者です。
庇が必要かどうかで悩んでいます。

一般的には庇がないと雨水の浸入等で家が傷んだり、また日光をさえぎるものがないため室温が上がってしまうなどの問題が発生することと思いますが、最近の住宅では建材や工法によっては庇をなくしてもこのような問題が起きないようにできるという話も聞きました。
また、雑誌などを見ると建築家の建てた家では庇のないものも結構あります。
なにか特別なやり方があるのでしょうか。

現在の予定では2階建てで屋根の形状は単純な切妻、南北に傾斜しています。
ちょっと面白いデザインの家にしたいと考えていているので庇がなくてすめば可能性が広がります。

よろしくお願いします。

ご参考まで
名前:ザ・ハウス(2004/5/17)
nooyさん、こんにちは。

庇のない建物について何か特別な方法があるという訳ではありませんが、一般的には「プラン」や「材料・設備」を工夫することで、そのデメリットを回避することが多いようです。

例えば、「プラン」については「日射の少ない位置に開口を設けたり、外壁より内側に窓を設けて雨を当たりにくくする」といったことが、「材料・設備」については「遮熱・断熱性の高いサッシを使ったり、汚れが目立たずメンテナンスのしやすい外壁材を使う」といった事が対策として考えられます。

なお、こうした対策をとる場合でも、必ず「コストとの兼ね合い」や「全体のバランス」という問題が生じますので、庇という部分的な事だけでなく、お住まいのエリアや敷地の方位、そして建物全体の熱効率なども含めてトータルで考慮することが大切です。

これらは専門的なことになりますし、建て主様が何にプライオリティを置くかによっても異なりますので、ご依頼先ともよくご検討した上でご判断することをお勧めいたします。その上で、庇をなくすというのであれば、そのリスクと回避策についてしっかりと検討しておくことが大切です。

主要部分には必要だとおもいます。
名前:建築家コロンボさん(2004/5/19)
雨の多い日本の気候、庇があれば、梅雨時、雨でも窓が開けられます。通年にわたり、庇があるかないかでは、窓ガラスの汚れ、木質外壁の傷みはまるでちがいます。といっても、やたらつけると、平凡でなぜかカッコ悪くなりますし、狭い敷地では全てに庇をつけにくく、狭い外部空間では採光が得られにくくなります。要は実用性とデザイン性の兼ね合いです。私の場合、南面の大きな開口には庇をつけ、東西、北側の小さな開口には庇を省略、庇代わりになる滑り出し小窓を用いたりすることはよくありす。袖壁で見切ることで、庇があっても、輪郭としては庇がないように見せたりします。また庇のない外部には絶対に木質系の素材は用いません。昨今はやりの、全く庇がなく、外壁やテラスや階段・手摺りを木質系素材を用いた家は、いささか疑問です・・・オット若手売れっ子建築家を敵にまわしたかな?
ありがとうございました
名前:nooyさん(2004/5/27)
ザ・ハウスさん、建築家コロンボさん、ご丁寧な回答をいただきありがとうございました。
庇をなくしたうえでのデメリットを十分考えつつ、設計士とよく相談して検討したいとおもいます。
まじめな家づくりセミナー