断熱材に雨

施工中の現場
名前:yukiさん(2007/11/12)
いつも拝見させていただいてます。
現在ハウスメーカーで家つくり進行中で気になった点がありましたので教えてください。
先日基礎が終わり次の施工となる断熱材(カネラ○トフォーム)が現場に出しっぱなしで大量の雨にさらされていました。断熱材は雨に濡らすと良くないと聞いていたのですが、実際のところどうなのでしょうか?水分吸収率が低いとはいえビニールシートなどで覆っておくのが普通ではないかと思っていたのですが。経験上などわかる範囲で教えてください。
ご参考までに
名前:ザ・ハウス(2007/11/12)
yukiさん、こんにちは。

工法や断熱材の種類、雨の後の対応などによって異なりますので確定的なことは申し上げられませんが、一般的には断熱材は雨に濡らすと断熱性能が低下すると言われています。
断熱材の繊維そのものが吸水することはありませんが、一時的に水分を含んだ状態になることがあります。吸水性がないということは少量の雨であれば吸水をほとんどしないということですが、逆に大量の雨で一度、吸水すると乾燥には時間がかかると言われています。

yukiさんは雨に濡れている状況を見た、とのことですが、水分を含んだ断熱材をそのまま使う、ということでは必ずしもありませんので、ハウスメーカーさんにその後の対応をご質問ください。
ただ、やはり初期の対応としては(天気予報では雨が降る心配がなかったとしても)カバーをかけておく、カバーをかける準備をしておく、ということをハウスメーカーさんにはやっていただきたかったと思います。

施工中の現場
名前:yukiさん(2007/11/12)
ありがとうございます。

ハウスメーカーにその後の対応を聞いてみます。

まじめな家づくりセミナー