メタルフィット工法とテクノストラクチャー

メタルフィット工法とテクノストラクチャー
名前:haruru-bubさん(2007/5/7)
現在、建て替えを計画中で何件か設計を依頼しています。
インナーガレージのある3階建てを予定しており1階にはガレージの
他に1部屋、2階にLDKと風呂、洗面所、3階に寝室と子供部屋2部屋が希望です。敷地面積は24坪(奥行き12m、間口6m)です。
依頼したひとつの工務店がメタルフィット工法です。
それともうひとつが松下のテクノストラクチャーです。
自分の中ではどちらの工務店も気に入ってるのですが
メタルフィット工法というのがインナーガレージの3階建てにどうなのか?が気なります。工務店の方はもちろん良いとおっしゃいます。

ご存知の方がいらっしゃったらお答え願います。
よろしくお願いいたします。

ご参考までに
名前:ザ・ハウス(2007/5/8)
haruru-bubさん、こんにちは。

メタルフィット工法もテクノストラクチャー工法も、工法としてインナーガレージに適していないことはないと思います。

むしろ問題になるのは、ガレージの開口部をどのぐらい設けるのか、或いはその開口部によって崩れた建物のバランスを戻すためにどのように耐力壁を配置するのか、ということだと思います。広い開口部を作りたい場合、ガレージ部分だけRC造にする、間に柱を建てるなどの工夫が必要になることがあります。

haruru-bubさんの場合、間口6mということですので、玄関が1m、インナーガレージの開口部が4mとご計画されているのではないでしょか?全体の間取りや柱・壁の位置が分からないと正確なことは言えませんが、柱・壁が少なくバランスが良いとは言えません。それをよくするために構造計算を行うことになると思いますが、どのようにバランスを良くしたのかを設計担当者にご説明いただくことをおすすめします。

まじめな家づくりセミナー