軟弱地盤に適した構造(1)

軟弱地盤の構造について
名前:構造さん(2004/8/1)
軟弱地盤と言われる地域に3階建ての建物を建てようと考えています。
地震等を考えRC構造が最適という意見を聞きます。
しかしながら、ゆるい地盤に重いものを乗せる事事態個人的にはクエッションマークがつくのですがご意見をお聞かせ願えませんか?
コストも考慮してご検討ください
名前:ザ・ハウス(2004/8/6)
構造さん、こんにちは。

一般的に、軟弱地盤には木造の建物が最適だと言われていますが、地盤調査や構造計算をしっかりと行い、その上でRC造を建築するのであれば、構造的にはそれほど問題はないかと思われます。

その場合の対策としては、硬い地盤まで杭を打つ、地盤を改良するなどが考えられますが、いずれの場合も、通常よりも費用が多く掛かってしまいますので、その点には十分な配慮が必要です。

また、建物のプランによっても適した構造は異なります。その点も含めて、まずは一度家づくりのご依頼先にご相談されてみてはいかがでしょうか。

いずれにしても、地盤の強度と建物の構造は密接に関係しますので、地盤強度、構造、そしてコストの事を含めて、トータルで考え合わせて進めていくことが大切です。

ありがとうございます。
名前:構造さん(2004/8/12)
いつも適切なご意見ありがとうございます。
現状、鋼材の価格が高騰していることから、コスト的にRCも検討の余地があるのではないか?というのが建築会社の考えのようです。アドバイスいただきました事をもう一度ぶつけてみたいと思います。
まじめな家づくりセミナー