新築当時の建築確認書

建築確認書
名前:きたのさん(2006/10/30)
建築確認書について教えていただけますでしょうか。両親が14年前に3階建ての一軒家をハウスメーカーで建ててます。来年リフォームしようと準備を始めているのですが、10年以上前のことなので、設計図だけでなく建築確認書も含め、何も残っていませんでした。ハウスメーカーに聞いたところ、10年以上前なのでないとのこと。
工務店の人いわく、建築確認書がないと手続きに時間が取られ、スケジュールも全体的に伸びるそうです。最悪いまある建物の申請が許可されなければ、リフォームも出来ないと言われてしまいました。(以前1度玄関をリフォームして広げています)建築確認書を新たに取り直すのは大変そうなので、再発行してもらえればと思うのですが、そのような事は可能なのでしょうか?
ご参考までに
名前:ザ・ハウス(2006/11/1)
きたのさん、こんにちは。

建築士法で設計図書の保存期間は5年と定められています。10年以上前に建築されたということですのでハウスメーカーに保管されていないことは仕方ないことです。

現在、ご相談中の工務店より「いまある建物の申請が許可されなければ、リフォームも出来ない」と、きたのさんは伺ったようですが、そもそも過去の申請が許可されていなければリフォーム(玄関を広げたリフォーム)はできていないはずです。よって、その理由により今回のリフォームが円滑に進まない、という話は矛盾しています。工務店がどのような意図でお話されたかは分かりかねますのでご確認ください。

確認申請(確認済証)の再発行についてですが、再発行は行っていません。ただし「発行しました」ということを証明する書類(建築台帳記載証明)を発行しているようです。取得方法などの詳細は市役所にご確認ください。

まじめな家づくりセミナー