契約成立の条件は?

契約解除について
名前:おずさん(2016年12月20日)
何がなんだかわからぬまま印鑑を押してくださいと言われ押しましたが、実は実印でもなく、印鑑証明もない印鑑です。

そして、本来は「澤」なのですが、その押した印鑑は「沢」なんです。もちろん名前の方は、「澤」です。

これでも契約成立になるんでしょうか??
契約解除について
名前:ザ・ハウス(2016年12月22日)
おずさん、こんにちは。

原則として、契約は当事者同士の合意がなされれば口頭でも成立します。

口頭での約束ではお互いの権利や義務が不明瞭でトラブルが発生しかねないため、一般的には契約書として文書にし、お互いが内容に合意した証として記名や捺印をします。

捺印した印鑑が実印か認印かは、合意した契約書の確証を高める材料にはなっても、それ以前にお互いが合意したという事実が重要になります。

「何がなんだか分からぬまま」とのことですので、どういう事情があったのかは分かりませんが、すでに契約は結んでいらっしゃるようですので、相手方に契約を白紙に戻すことができないかを早急に働き掛けてください。

白紙解約ができなくても、契約書で定められた違約金を支払えば契約を解除することは可能ですので、念のため、契約書に記載されている違約金の箇所をご確認ください。

もしご自身だけではご不安であれば、弁護士等に相談されることをお勧めします。

まじめな家づくりセミナー