ブックマーク:

設計契約をするにあたって

設計契約をするにあたって
名前:うさぎさん(2016年1月29日)
こんにちは。

工務店に施工を依頼し、家を建てる計画を立てています。

設計を建築家に依頼するかどうか迷っていたところ、建築事務所に依頼することを前提に、設計事務所と直接契約する方法と、工務店と施主が設計契約をし、工務店と建築事務所で工事を進める方法があると提案されました。

いまいちよくわからず、どのような違いがあるのでしょうか。

教えていただけますか。
工務店に何点かご確認いただけますでしょうか?
名前:ザ・ハウス(2016年1月29日)
うさぎさん、こんにちは。

工務店のご提案の内容に分かりかねる所があり、的を射ていない回答かもしれませんが、何卒ご了承ください。

まず、投稿内容を拝見しますと、建築事務所、設計事務所、工務店という3つの言葉がそれぞれ違う対象を指しているように受け取れますが、この理解は正しいでしょうか?

仮にこの理解が正しいとしますと、疑問が生じるのは、建築事務所とおっしゃる会社の役割です。この建築事務所は今回のご計画にどのような形で関わるのでしょうか?

一般的には、「設計と工事を同じ会社に依頼する方法」と「設計と工事を別々の会社に依頼する方法」の2つの方法があるとお考えください。

(1)設計と工事を同じ会社に依頼する方法

設計と工事の両方に関して、同じ1つの会社と「工事請負契約」を結びます。

詳しくはこちら↓をご覧ください。

http://chumon-jutaku.jp/knowledge/contractor/4-3/2044/

(2)設計と工事を別々の会社に依頼する方法

設計に関しては「設計監理契約」を結び、工事に関しては設計を依頼するのとは別の会社と「工事請負契約」を結びます。

詳しくはこちら↓をご覧ください。

http://chumon-jutaku.jp/knowledge/contractor/4-2/1988/

それぞれにメリットとデメリットがありますが、今回の場合、工務店を主体にお話が進んでいらっしゃるようですので、契約形態としては(2)にあたるとしても、実質上の機能としては(1)と同じになるとお考えになってよろしいのではないかと思います。

うさぎさんご自身がメリット、デメリットを正しくご理解する上でも、今お話をしている工務店に、ご提案いただいた方法が上のどちらの方法にあたるのか、また建築事務所とおっしゃる会社が今回どのような形でご計画に関わるのかをご確認いただいた方がよろしいかと思います。

まじめな家づくりセミナー