ブックマーク:

落雪被害、違法建築?

今年の降雪被害には、マイリマシタ。
名前:アライさん(2014年3月7日)
質問します。

我が家の北側境界まで1.5mあります。

なのに、南側の家は建物から境界まで1.0mしか、ありません。

オカゲで屋根のシメッタ、ドカユキ20センチが落ちてきて、大事な植木がズタズタになってしまいました。

屋根の高さは同じ位です。

この家って違法建築だと思い増す。・・・正解を教えて下さい。
直ちに違反建築物であると結論付けることはできません
名前:ザ・ハウス(2014年3月8日)
アライさん、こんにちは。

落雪の被害、大変お困りのことと思います。

原則として、建物の所有者には落雪を防止する義務があり、これを怠って他人に損害を与えた場合、建物の所有者は損害賠償責任を負います。隣家からの落雪によって生じた損害については、今後の対策をお願いすることも含めて隣家の所有者にご相談されることをお勧めします。

ただし、違反建築物かどうかという問題は、落雪による損害とは切り離してお考えいただくべき問題です。建物自体は建築基準法等の関連法規に則って建てられている可能性もあり、落雪による損害を及ぼしたからといって、その建物が直ちに違反建築物であると結論付けることはできません。

やっぱりおかしい前の家
名前:アライさん(2014年3月9日)
早速の返答ありがとうございます。

気になって又もや計ってみました。

壁から境界までは950ミリです。屋根の高さは、5.5M

屋根の出っ張りから境界まで150ミリ位です。

 こんなに寄ってていいんですか???

前の夫婦ともキライなタイプです。

もしも、違法建築なら損害賠償と言うよりも、家自体を変えてもらいたいと思います。 参考になる答えを希望します。
役所の建築指導課にご連絡ください
名前:ザ・ハウス(2014年3月9日)
隣家の壁から北側隣地境界線までの距離が950ミリとのことですが、これは建築法規に適った計画として十分にあり得る距離ですので、いただいている情報では「違反建築物でない」とも、「違反建築物である」とも断定することができません。

建物の高さや配置の制限は、行政が定める用途地域や高度地区の指定、地盤面の設定はどこか、真北の方位が振れていないか、隣地との高低差はないか等の条件によっても異なりますので、まずは隣家の建築確認を認可した役所の建築指導課に、お電話等でご連絡をとってみるのがよろしいかと思います。

具体的には、隣家の建築確認を認可した役所の建築指導課で、隣家の「建築確認申請概要書」を閲覧し、疑義がある場合には建築指導課の地域担当者に確認するとよろしいかと思います。

まじめな家づくりセミナー