建物の配置計画とバルコニー

昔の家?
名前:バルコニーさん(2012年9月17日)
こんにちは。よく参考にさせて頂いています。

以前から疑問に思っているのですが、木造で2階のバルコニーがぐるりと2階の部屋周囲を囲む造りというのは、かなり大きな住宅でないと見かけません。

土地60坪、第一低層域ですと、上記のようなバルコニーは難しいのでしょうか?メーカーなどではほとんど見かけないように思います。。

ご意見をお聞かせください。

よろしくお願いします。
基本的にはいかようにもできます
名前:ザ・ハウス(2012年9月18日)
バルコニーさん、こんにちは。

家づくりを検討し始めると、それまで意識しなかった周囲の家にも興味が湧くようになりますよね。

ご質問の件ですが、基本的にはいかようにもできます。

ただし、一般的な考え方に照らせば、建ぺい率等の制限をぎりぎりまで使って建物を計画することが多いと思いますので、その際に建物をバルコニーで取り囲むための空地が残るかどうかが問題だと思います。

仮に建ぺい率等の制限をめいいっぱい使うことを前提にした場合、商業地域等の制限が緩い地域に比べて、第一種低層住居専用地域などの制限が厳しい地域の方が敷地に空地が残りますので、お考えのようなバルコニーの形態も比較的取りやすいのではないかと思います。

ですが、バルコニーで建物の周りを取り囲む計画を採用するかどうかは、日照や隣家との関係も踏まえた建物の配置計画によってもご判断が変わってくると思いますので、これらとのバランスも考慮してご検討されるとよろしいのではないでしょうか。

また、ご依頼する建築会社によっては、その建築会社が採用している工法の制約によって不可能な場合もありますので、事前にご相談されることをお勧めします。

ありがとうございます
名前:バルコニーさん(2012年10月10日)
ご返答ありがとうございます。

そのメーカーの工法を確認してご相談してみます。

お礼が遅くなり申し訳ございませんでした。
まじめな家づくりセミナー