第三者機関の選び方

第三者機関の選び方について
名前:けんたさん(2007/4/10)
すみません。今、二世帯住宅を注文住宅で建てようとしており、土地と請負業者の選定も終了しました。

請負業者がハウスメーカーであることもあり、第三者機関を依頼しようと考えています。
しかし、知り合いに聞けば、JIO等でも若手が検査することも多く実質的にどうなのかは疑問であるとのこと。
第三者機関はどのように探し、どのように選定するべきなのでしょうか。
なんだかよくわからないご質問ですが、教えていただけますと幸いです。よろしくお願いします。

第三者検査機関について
名前:ザ・ハウス(2007/4/11)
けんたさん、こんにちは。
新築の依頼先選びも難しいですが、第三者の検査機関を選ぶことも難しい時代になってきましたね。

さて、第三者の検査機関選びについてですが、大手であれば安心、という時代ではありません。けんたさんのお知り合いがおっしゃるように、大手でも技術的に未熟な方、適切な対応を怠る方がいらっしゃると思います。
(※若手の検査員のすべてが良くない、ということではございません)

ポイントは、会社の規模や検査システムだけを見るのではなく、検査員個人を評価することになるのではないでしょうか。
検査員個人を評価するとは、その仕事を専門的に評価するということではありません。そうなってしまうと、検査員を検査するための第三者も必要となり、話が循環してしまい、完結しません。そうではなくて、けんたさんが検査員を人間として信用できるか、職業人として信用できるか、という評価です。

けんたさんが信頼できない検査員が検査した結果は(検査が適正であっても)信頼しないと思います。反対に、けんたさんが信用している検査員が検査した結果は(検査が不適切であっても)信用すると思います。
いずれにしても、けんたさん個人にかなりの専門的知識がなければ検査が適正に行われていたかを判断することはできません(十分な知識があればわざわざ第三者に検査を依頼しません)。そうなると、「検査員が信用できるか」が大切になってくると思います。

検査会社の規模や検査システムも大切だと思いますが、検査員個人も選ぶというお考えをもっていただき、分からないことがあれば検査員に質問する、不適切な対応があれば担当を変更してもらう、という心構えをもっていただくとよろしいのではないではないか、と思います。

まじめな家づくりセミナー