近隣とのトラブルを避けるには(3)

隣のおばさま
名前:なんでやねんさん(2003/2/5)
先日、家の着工にあたってご近所に挨拶にいきました。
我が家は3階建てと聞くと隣のおばさまから「陽があたらなくなる」と嫌味を言われました。
でもそこの土地には以前も家が建ってたわけで、更地になってた期間に太陽の恩恵を受けてしまったのが良くなかったようです。
設計は法規に沿って違法建築はしない予定です。

どうやら工事関係者の人に図面を見せて欲しいと言ってきてるようです。

図面はプライベ?トなものですし、どうしてそこまでというのが本音です。皆さんだったらどうなさいますか?

遅レスですが...
名前:じゃんさん(2003/2/15)
なんでやねんさん、はじめまして。

こういう文句を言われる方は、えてしてご自分のことを棚に上げがちですよね。
野中の一軒家でない限り、ご自身の家だって隣近所に日陰を作っているでしょうに...

まずは市(区)役所の建築関係の部署に相談してみるのがいいと思います。

仮に図面の提示が必要と言う話になっても、詳細な図面はそれこそ大事なプライバシーですから、工事の方に最低限の家の構成がわかる簡単な図面を用意してもらうのがいいんじゃないでしょうか。

念のため日影規制に関しても、地域の過去の事例など可能であれば調べておくのがいいかもしれません。

近所の方とは極力角の立つやり取りはしたくないものですが、かけがいのない自分の資産を守るためにはある程度覚悟が必要かと。

ご参考になれば
名前:ザ・ハウス(2003/2/17)
なんでやねんさん こんにちは 

隣のおばさまにお困りのご様子ですが、なんでやねんさんのお悩みは、建築時によくある出来事のようです。

法規上問題の無い建物であれば、隣から文句言われることではないと思われるお気持ちもよく分かります。

しかしながら、建築中はどうしても木屑が飛んでしまったり、工事中の音が出てしまったりと、思いがけず付近の方にご迷惑をお掛けしてしまうこともあるようです。

考えようによっては、お互い様なのですが、ご当事者にとっては気になることでもあるようです。

お隣にとっては、きっと日照の問題が気になり、どんな建物が建つのか、ご不安に思われていて、それが「図面を見せて」という言葉に表されたのではないでしょうか。

だからと言って、家の中の間取りが分かるような図面を見せる必要まではないかと思います。

今後のお付き合いのことも考えると、お断りするのも難しいようであれば、建物の高さや窓の位置、建物の配置といった情報が分かる図面、例えば、配置図、立面図をお見せすると言う方法はいかがでしょうか。これにより、お隣のご懸念は払拭できるかもしれません。

お隣とは工事期間中はもちろん、その後もお付き合いが続くことになります。そのようなこともお考えになられた上で、万が一理不尽な要求をされた時には毅然とした態度で望まれてみてはいかがでしょう?

わかります?!
名前:ちょもさん(2003/3/14)
超遅レスですが・・・
私も同じような立場です。
去年、土地を購入して今現在更地のままになっています。家が建つのはまだ先のことなのですが、斜め後ろのお宅の方が「三階建ては建たないわよね?」と、隣の家の方に聞いたそうです(隣の方が土地の売り主)
法的にはもちろん三階建ても問題ないのですが、やっぱり憂うつです。“絶対三階建て!”というわけではないのですが、土地も広いわけではないので、プラン次第では三階建てもありえます。
いずれご近所さんになるわけなので、あまり波風は立てたくないです。ホント、難しいですね。
「なんでやねん」さんはどうしますか?結果を知りたいです。がんばって下さいね!
まじめな家づくりセミナー