土地の「取得した日」の解釈

土地の先行取得した場合の住宅ローン控除
名前:わたりどりさん(2015年12月11日)
新築住宅を建てるにあたり、土地のみ先に購入して住宅ローンを組んでいます。

住宅については現在実施設計中なのですが、建物の部分の住宅ローンと併せて土地購入分についても住宅ローン控除を受けるには、土地購入から2年以内に建築することが必要だと聞きました。

そこで伺いたいのは、2年以内の建築完成とは何をもって完成となるのでしょうか。(何か証明をとる必要があるのか、公的な検査日なのか、登記の日なのか等)

また、土地の購入日とは登記日ということでよいのでしょうか。

教えてください。よろしくお願いします。
「取得した日」の解釈について
名前:ザ・ハウス(2015年12月11日)
わたりどりさん、こんにちは。

一番確実に証するものとしては登記簿に記載された「新築」の日付ですが、事情があって登記が済んでいない場合には、建物の最終残代金を支払った領収証や鍵の引渡し証、住民票の転入日などの日付を確認して、取得した日とみなされます。

土地の取得日も同様に、登記の日付が最も確実ではありますが、売買契約書と最終残代金を支払った領収証の日付を確認して、取得した日とみなされることが多いかと思います。

念のため、最寄りの税務署にお電話でご確認されることをお勧めします。

まじめな家づくりセミナー