ブックマーク:

土地の境界線

土地の境界線
名前:5Eさん(2013年9月18日)
土地の購入を考えていて、今週の日曜日に契約予定なのですが、

事前に境界の確実な確認が出来ていません。

不動産屋の話では塀の真ん中ということでした。

話の通り、敷地の奥側の塀の真ん中あたりに金属製の鋲がありましたが、表示盤がなく確実ではありません。また手前側は塀が道路ぎりぎりまであり、境界石は確認できませんでした。

地積測量図はいただいたのですが、境界を明確にしたいと考えています。どのような方法がありますでしょうか?

契約までに測量をしてもらうことは可能なのでしょうか?

またこの塀が古いので、購入した際は取り壊して、自分の敷地内に塀を建てようと考えているのですが、

このことについての隣人との交渉は、どのタイミングで行うのがよいのでしょうか?

不動産屋はハウスメーカが取り壊しのときに解体業者が隣の家に行き、こういう塀を建てますので、壊させてください、費用はこちらで持ちますと伝えるのが普通だと言われました。また、ハウスメーカーに相談したところ、今度は仲介業者がそういうことはするものだと言われました。

契約は、今週ですが引き渡しは、売主の都合で来年の初めです。

それまでに時間があるので、先に契約して、いざ建てるときに

トラブルになるのではないかと思って不安です。

こちらとしては、契約前に明確にしておくことが必要たと思います。

どうすればいいのでしょうか?

一般的な対応を教えてくいただきたいです。

よろしくお願いします。

仲介会社に交渉を依頼してみてください
名前:ザ・ハウス(2013年9月19日)
5Eさん、こんにちは。

数日後にご契約を控えていらっしゃるとのことで、何かと大変な時期かと思います。

まず、隣地所有者の立会いの下で境界を確認し、測量を行ってもらえるように、仲介会社を通じて、売主に交渉していただくとよろしいかと思います。

ただし、売主が煩わしさを嫌って境界確認をしないことを売買の条件にしている場合や、売主が了承したくても、隣地所有者が快く協力してくれない場合もありますので、個々の状況次第で交渉が成就するかどうかは何とも申し上げることができません。

また、売り主側の心理としては、売却が確定していない(契約していない)段階では、これらの作業に手を付けたくないというのが本音のところだと思います。

このような場合によくあるケースとしては、「売主の責任において、引渡しまでに、隣地所有者の方の立会いの下で境界確認を行い、測量を行う」ことを契約書に盛り込み、引渡しの条件とする方法があります。

これらを購入の条件にできるかどうかは、売主の考えとその土地を取り巻く事情によって異なりますので、まずは仲介会社を介して、契約に盛り込むことができるかどうかを売主に交渉されるのがよろしいかと思います。

なお、後のトラブルを避けるためには、少なくとも引渡しまでに境界を明確にしておきたいところではありますが、交渉結果やその土地の事情によっては、やむを得ず売主が主張する境界標や塀等によって売買を行うケースもあります。

塀の取り壊しを隣地所有者に話すタイミングについてですが、もし、5Eさんが塀の建替えを契約の必須条件とされたいとお考えであれば、こちらも契約の条件に含めてもらえないかどうかを仲介会社を通じて交渉してみてください。

もちろん交渉の結果、これらの確約を取ることができればベストではあるのですが、塀を建てる建てないの問題はどちらかというと建築に関する問題ですので、契約後、建築に入る前までのタイミングで、5Eさん自ら隣地所有者の方にご相談を持ち掛けるのが一般的かと思います。

ありがとうございました
名前:5Eさん(2013年9月25日)
返信が遅くなり、申し訳ありません。

境界についても、塀についても、隣人に聞きたくない、このまま購入して欲しいとのことで、他にも気になる点がある事がわかり、信頼できそうになかったので、今回は見送ることにしました。

古家付きの家を買う時は、気をつけないといけませんね。

丁寧にありがとうございました!

まじめな家づくりセミナー