ブックマーク:

境界部分の立ち会い

境界についての立ち会い
名前:回数さん(2013年2月22日)
こんにちは。お世話になります。

先日、購入した土地の隣人の方から、電話があり、自分の土地側の境界部分にブロックか何かで塀を造りたい、古い頃建てたままだから、と立ち会いを求められました。

購入した土地は、昔から住まれている方の多いエリアで、少しずつ新しい人が入っていっています。

今回の隣人の方との境界にもキチンと境界線の印はされていますが、購入時、我々の土地側の境界部分に建てていた古いしきりを省いたため(地面から数段ブロックで上は網でした、共に省いてました)、隣人側の土地のしきり、(地面から3層ほどコンクリートブロック)が丸見えになりその上は何も無い状態となっています。私共の土地側が上にしきりをしていたようです。

土地はわずかに傾斜していて、今回の隣人側の土地が高い位置にあります。

お尋ねしたいのは、今回の立ち会いは素人の我々が目視にて確認するだけとなりますが、何か気を付けることはあるでしょうか?誰か専門家と同行しなくても大丈夫なことなのでしょうか?

何もわからなくて、とても不安です。アドバイスよろしくおねがい致します。わかりにくくてすみません。

まずは隣家のお話しを聞いた上で
名前:ザ・ハウス(2013年2月23日)
「回数」さん、こんにちは。

すでにお互いが境界標(杭)の位置に合意していて、隣地の敷地の中に新しく塀を建てるだけなのであれば、現地で「ここからここまでの範囲に、このような素材、高さの塀を建てます」という説明を聞き、確認をするだけで問題ありません。

しかし、隣地の敷地内に塀を建てるのではなく、「それぞれが敷地内に塀を建てるのはもったいないので、敷地の境界線上に塀を建てたい」というお話しが出た場合には、「どのような塀を建てるのか」、「塀を建てる費用負担はどうするのか」、「塀の所有はどうするのか」という点を確認し、将来のトラブルを防ぐためにもお互いに文書で確認をされた方がいいでしょう。

なお、ブロックを撤去する際に境界標(杭)が動いてしまう可能性があるのであれば、費用は生じますが、土地家屋調査士に依頼をされた方がよろしいかと思います。

この場合、どの程度まで行うかにもよりますが、土地家屋調査士に測量を依頼し、正確な位置に境界標(杭)を設置した上で、これらの図面を法務局に収めるまでの手はずを整えてもらうことができます。

境界はデリケートなお話しですが、隣家とのご近所付き合いはずっと続いていきますので、必要以上に構え過ぎることなく、隣家のご意向も考慮してお話し合いを進められるとよろしいのではないかと思います。

もう一方の隣人さん
名前:回数さん(2013年3月4日)
こんにちは。ご返答ありがとうございます。

穏やかな雰囲気で行いたいと思います。

そして、実はもう一方の隣人さんより、境界線上に一緒に塀を建てないかと言われています。

主人がその時はうなずきました。

私からのご相談なのですが、我々は新築なので、コンクリブロックを積んだだけでは寂しい気がします。(間口側だけ新築に合った感じにするというのも、ありのようには思いますが。。。)

その場合、我々の方が多目に費用をもつのが自然だと思いますが、どの程度持つのが、常識範囲となるのでしょうか。

よろしくお願い致します。

因みに、こちらの隣人さんは、家では無く平屋の倉庫を建てるそうです。古くから馬具などを作る仕事を経営されていて、今回自宅近くに倉庫を移すための購入だそうです。

壁は白にしてくれたら反射光がはいるのになぁ。。とか屋根はどんなにするのだろう。。とか他人様のことが気になります。

よろしくお願いします。お礼が遅くなり申し訳ございません。

ご自身の敷地内に建てるものは、ご自身の費用負担で
名前:ザ・ハウス(2013年3月4日)
「回数」さん、こんにちは。

隣地との境界線上に建てるものについては、費用を折半にして、お互いが塀を共有するのが一般的ではないかと思います。

しかし、間口側については「回数」さんの敷地内に建つことになると思いますので、その部分に関しては「回数」さんが費用を負担し、家にあったデザインの塀をご選択されるとよろしいのではないかと思います。

名前:回数さん(2013年3月10日)
ご返答を何度か読み、誤解を招いているようですので、また改めて質問致します。
まじめな家づくりセミナー