地盤調査結果の信憑性

地盤調査と地盤改良
poopie-kさん(2008/10/13)

地盤調査の結果についての相談です。
先日、スウェーデンサウンディング方式にて調査を行いましたが、結果、地盤改良が必要となり、改良費に100万程費用が発生する事となりました。

ネット上で調べた所、このスウェーデンサウンディング方式は簡易調査方式として信憑性が低いとの事です。
信憑性が高い調査として費用は発生しますがボーリング調査(標準貫入試験)という地質サンプルを採取して結果を出す方法もあるようです。

こちらで再度調査をかけるというのは如何なのもでしょうか?

建設地は本家敷地内の山裾で埋立地でもなく当初「土地改良の必要は無いでしょう」とのコメントを業者の方から言われえていたので、いまいち今回の結果は釈然としません。

この場合、再調査で結果が覆る事はあるのか?
何方か再調査を行った方がみえれば、アドバイスをお願いします。

まずは調査報告書をよく見てみて
悩む日々さん(2008/10/14)

こんにちは。

現在建築中の「悩む日々」です。
うちは古い住宅をつぶして立て替えています。
もともと山だったのでしっかりした地盤のはずですが、工務店が半ば強引に地盤改良要、費用68万円???・・・特別割引15万、と言ってきて、基礎工事を見に行くとすでに改良工事が始まっていて驚き、ココに相談もしたんですよ。

全くの素人ですが、研究と勉強を重ねた結果(笑)
まず、検査報告書のN値を見てみて下さい。3以下なら心配みたいです。
私どもの場合、表面は3-8ぐらいで、1m下は10-30もありましたが、勝手に改良されました。ちなみに、改良はコンクリートのようなグレーの土?を10袋まぜ、改良面積は1階部分の92平米プラスだと思います。参考までに。

とにかく大きなお金がかかるので、我が家も予定外でしたから、納得ができてから改良をすすめた方が良いと思います。

アドバイス、有難う御座います
poopie-kさん(2008/10/16)

悩む日々さん

早速の書込み、有難う御座いました。

手元に検査報告書がなく打ち合わせの時に見ながらの説明で、確か数値は4以下だったと思います。内容としては、岩盤が約5m下まで無くそれまでが粘土質で、通常1~2mに岩盤があれば改良不要だったの事です。

改良処理はコンクリート支柱を打ち込む方法で「Ф600の4~5m支柱を34本1mピッチで」となっていました。改良面積は施工面全面です。素人なので年甲斐も無く!?ふてくされて聞く位しか出来ず、工事費100万(廃土処理費20万含)が頭から離れません。

地盤調査の信憑性、改良工事内容の妥当性(こんな大掛かりな!?)及び工事費の見積もり金額等々、先方に対して不信感を持ってしまいました。

地鎮祭が月末に控え時間が無く、もう先方の指示通りに動くしかないのでしょうか?

アドバイスあれば宜しくお願いします。

悩む日々さんの書込みも拝見しましたが、互いに頭が痛いですね。一番の問題はこちらが素人で即座に反論出来ない点と素人ながら先方の話、行動に矛盾が見え隠れする点にストレスが溜まりますね。

まずは報告書をもらうのが普通では?
みやちゃんさん(2008/10/24)

専門家ではありませんが、私も今月地鎮祭の予定です。うちの場合は、最初にやはりスウェーデン式サウンディングで調査をしていただき、地盤に関しては、問題ないとの回答をもらいました。通常の戸建の場合はスウェーデン式で調査するのは、一般的と聞きます。

しかし、決定的な違いとしては、私の場合は、回答をもらった時は報告書を受け取り、きちんと説明を受けています。さらに、報告書を私が保管しています。基本は施主の家なのですから、報告書(複写でも)をきちんと受取ったうえで、説明を受けるべきだと思います。そうでないと以後も信頼関係を維持できないと思いますし、主張すべきかと思います。また、本当に地盤改良が必要であればやらなくてはいけないと思いますが納得してすすめるべきではないでしょうか。

ちなみに、地盤については以下のサイトを参考にしてみてください。

http://www.jiban.co.jp/

まずは工務店と話し合いと報告書の請求を。必要があれば、専門家に問い合わせてもよいのではないでしょうか。

仕方がないか。。。
poopie-kさん(2008/10/29)

みやちゃんさん

アドバイス有難う御座います。

調査報告書を入手し、検証したところ、先の悩む日々さんのコメントにあったN値3以下が散見されました。
調査は五点での測量でしたが、そのうちの2点で約2mに及ぶN値3以下がみられ、軟弱粘性土層が広く分布されており地盤改良が必要と書かれていました。
柱状地盤改良か杭工事との事です。

34箇所もの(全面)の柱状地盤改良の必要性は未だ疑問が残りますが、いずれにせよ改良には納得しました。

こればっかりは運ですね。

まじめな家づくりセミナー