青田売り

「フリープラン」と「青田売り」
名前:TNさん(2003/6/15)
はじめまして。
住宅探しをはじめて数ヶ月たった者ですが、このHPもいつも参考にさせていただいています。
さて、先日、近所に分譲地ができたので見に行ったのですが、そこはいわゆる「フリープラン」で、建物はまだ建っていない、更地になっています。
価格は30坪の建物(その工務店の標準仕様の)込みの価格になっていて(土地と建物で分かれていない)、実際にはその価格を基準に最終的な契約価格は上下する、というしくみのようです。
しかし、このような売り方は、いわゆる「青田売り」なのではないでしょうか。(工務店の営業の方に聞いたところ、「建築条件付きの宅地」ではない、といわれました)

そこは地元を中心に活動している工務店のようで、建築中のものも見ましたが、仕事自体はしっかりしているように感じました。
ただ、販売方法についてはちょっとどうかな(プランがまとまらなかった場合の取扱いなど)と思う面もあり、営業マンの態度等を見る限りではあまり悪意があるようには見えないのですが、みなさまのご経験やご意見を参考にお聞かせ願えればと思います。

解約条件のご確認を
名前:ザ・ハウス(2003/6/16)
TNさん、こんにちは。

建築条件付きというのは依頼する工務店が決まっているというだけで、建物に関する制限はありません。
一方、青田売りというのは既に開発許可や建築確認をとっており、建物の概要が決まっています。

フリープランというのは一般に建築条件付きのことですが、建築条件付きではないとのこと。
また、建築確認の修正はかなり手間がかかることから、青田売りでフリープランというのも矛盾している気がします。

お話を伺ったところで考えられるのは、
(1)青田売りで壁紙やフローリングの色、設備のグレード、間仕切り壁の移動などの建物の構造に大きな変更のない範囲のフリープラン
(2)建築確認前の青田売り「予定」の物件
のどちらかではないでしょうか?

ちなみに気にされるかどうかは別にして、建築確認前の広告や売買を行う(2)の場合は違法になります。
また、(2)は建築条件付きとどう違うかというと、建築条件付きは独占禁止法によって売主側にいくつかの制限がかかりますので、もし(2)だとしたら、そのリスクを避けたいのかもしれません。

いずれにしても、ローン特約や一定の期間で納得できるプランに至らない場合の解約条件をご確認いただくことが大切です。

ありがとうございます
名前:TNさん(2003/6/16)
早速のご回答、ありがとうございます。
工務店にも確認してみたところ、建築確認はすでにとってある、ということで、間取りや装備などはある程度自由にできる、というもののようでした。
ただ、営業マンの最初の説明がちょっと曖昧だった(建坪も大きくできるような感じであった)ので、気になっていたのです。
ザ・ハウスさんのアドバイスもふまえながら、今後とも検討していこうと思いますので、よろしくお願いします。
まじめな家づくりセミナー