車庫の容積緩和(2)

地下室の扱いについて
名前:クーさん(2001/11/7)
すみません。またお教え下さい。
1種低層(建ぺい率40パーセント、容積率60パーセント)の地域で、1階に車庫、2,3階が住居部という3階建ての住宅を見かけました。外見では3階全部入れると明らかに容積率をオーバーしていると思うのですが。ただ、強引ですが1階の車庫部分を地下室と言い切れば可能なのかな、と感じています。もっとも1階はごく普通の車庫なので、とても地下室には見えません。
さて、これは違法建築なのですか?
延べ床面積に、はいらない部分
名前:おくぴさん(2001/11/7)
はじめまして。
私もくわしいことは分かりませんが、何かで読んだことあります。確か、駐車スペースは延床面積に入らない、とありました。もし30坪だとしたら、普通に考えると1階の床面積が12坪以内で総延床面積は18坪迄かな?としたら、細長い3階建てのお家なのかしら?と思いました。
盛り土がありました
名前:クーさん(2001/11/7)
ご返答、ありがとうございました。
ちなみに敷地面積は60坪くらいで、外見上はりっぱな3階建て住宅です。(細長くありません)
あと、1階(車庫階)のまわり(シャッター部以外)には50センチ程の盛り土がありました。やっぱり、「ここは地下」という事にしているのでしょうか?
違法ではないでしょう
名前:上田 勝さん(2001/11/9)
クーさん、こんにちは。

敷地面積が60坪、建ぺい率40%、容積率60%とすると、延べ床面積の限度は36坪、建築面積が24坪以内となります。総三階建てだとすると各階それぞれが12坪となりますね。

車庫スペースは車庫部分も含めた各階床面積の合計の1/5を限度に床面積に算入しなくてよいことになっています。ですから7.2坪分の車庫であれば容積率に算入されません。

例えば車庫を含めた1階の床面積が24坪だとすると、二階に12坪確保して、さらに7.2坪の三階部分を作ることができるというわけです。

もう少し教えて下さい
名前:クーさん(2001/11/13)
ご返答ありがとうございます。
例の住宅ですが、1階の車庫は2台分のシャッターがあり、なおかつ奥行きも2台分あり、計4台が駐車可能なのが外見からもわかります。また、2、3階とも1階とほぼ同じ床面積ではないかと思われます。
私が思うに1階はやはり「地下」として申請したとしか考えられないのですが。
抜け道があるとしたら、後は何があるのでしょうか?
地下室扱いは不可能です。
名前:上田 勝さん(2001/11/13)
クーさん、こんにちは。

15坪あれば4台分駐車可能ですが、15坪の総三階建てとしても45坪。そのうち1/5の9坪が床面積から除かれますから、36坪で容積率以内となりますよね。そのお宅が角地であれば容積率が更に緩和されますから、余裕で建てられます。

それに車庫と地下室とでは用途が違いますし、地下室として除外するためには、地盤面と室内の天井の高さが1m以下である必要がありますから、そもそも車庫として利用したくとも車が入れられません。

ちなみに法の抜け道を聞くことも教えることも、こういう不特定多数の人の見る掲示板では慎むべき話題です。どういう意図があれ、それは法を破ることを教唆することになりますからね。

まじめな家づくりセミナー