造成前の契約予約

土地の契約について
名前:NKさん(2008/10/02)
はじめての投稿です。
この度土地を購入して家を建てる予定をしています。土地のほうは、ハウスメーカーさんに紹介してもらい、仲介である不動産さんと話を進めます。
土地はこれから造成工事が始まるのですが、以前(5月頃)に造成工事の許可が7月に出るので8月中には契約が出来ると思います、と聞かされました。早ければ11月中旬には建物の工事着工ができるようでしたので、買付証明をして5万円を払いました。ですがいつまでたっても許可がおりず、先日やっと許可がおりたので工事を始めます、と報告がありました。ところが完成予定が1月中旬頃となり、早くても建物の着工が2月となりそうです。また、土地の面積も僅か(1.5坪)ですが、小さくなっていました。建物を建築するのには影響がありませんが、工事の着工が遅れることについて不満があり、その事と面積の縮小の件で減額の交渉をしたいのですが、どの程度の事が可能でしょうか。土地は割と人気があり11区画中7区画ほど予約をされています。私共も地理的にもそこが気に入っており、ぜひ契約をしたいと考えております。
長々としてしまい申し訳ありませんが、よろしくお願いします。
ハウスメーカーさんにもご相談を
名前:ザ・ハウス(2008/10/02)
NKさん、こんにちは。

工期の件、面積の件、どちらとも書面が残っているかをまずはご確認ください。
法では口頭での約束も有効ですが、「言った言わない」の議論になると、なかなか難しいのが実際のところです。

工期については、造成工事の許可や工事進捗によって遅れることがありますので、不動産会社が書類を作った場合、工期そのものを明記しないことが多いようです。
面積については、同様に造成工事によって面積の増減が生じることがありますので、エクスキューズを入れると思いますが、区画を明記していれば、金額と面積を明記していることが多いと思います。こちらは、当初の坪単価×減少した1.5坪の土地金額を差し引く交渉はできると思います。

ただし、冒頭に申し上げたとおり、書面が残っていないようであれば交渉は難しいと思います。また、他に買いたいという方がいれば、そちらに話が流れます。

不動産会社と直接、交渉をするよりも、ハウスメーカーを通じて話をされた方がいいかもしれませんね。ハウスメーカーの立場からすると、土地の購入が白紙になると建物の契約も白紙になってしまうので、それを避けようと努力はすると思います。

書面のこと
名前:NKさん(2008/10/02)
ザ・ハウス様
早速のご返事有難う御座います。
書面については、不動産会社さんに紹介して貰った時に造成の計画図面を頂き、その後に面積と金額の入った書類も頂きました。工期の事についての書類はありませんが、買付証明に8月中に契約できなければ無効とする旨を記入してあります。(工事の許可が下りなければ契約できないと聞かされたので)
こちらとしては出来るだけこの土地に住みたいので、契約の無効はしたくありません。工期の事については、この4月より子供が小学校に通い始めるので3月中に引っ越しがしたかったのです。でも、こちらの方は物理的に難しそうなので、この事を含め金額交渉をしてみます。本日不動産会社さんと会う予定になっています。
まじめな家づくりセミナー