遺跡が出た区域の土地

土地を決める前に……迷ってます
名前:tabotiさん(2004/5/23)
こんばんは。いつも拝見させて頂いております。
現在決め手に掛けてる土地があるのですが、値段も手頃で立地条件も良くいい物件なのですが売れ行きが悪いかんじで、何かあるのではと?不動産に問い合わせした所?縄文時代の遺跡が発掘された区域の範囲で、古代人が生活していた。?造成前は田んぼ、畑であったとの話あり。
このような内容だけで売れない理由になるのでしょうか?
※忘れてましたが、線路際という条件が…利いているのでしょうか?
土地を決める前に
名前:らーどさん(2004/5/24)
こんにちわ。tabotiさんのお役に立てればと思いここへ初めて投稿させて頂きます。私もちょっと前まで土地探しでいろいろと経験したことを書きたいと思います。
?必ず現地に足を運ぶ。
?周辺の構造物を確認してひび割れや傾きがないかを確認する。これはある程度の沈下を想定できます。
?不動産屋もしくは法務局へ行きその土地の不動産登記と公図を入手する。これは過去の土地の利用状況が把握できる。(ちなみにその土地の住所と地番が違うケースがあるので注意して下さい)
?ジオダスhttp://www.jiban.co.jp/geodas/である程度周辺地盤を把握する。それで物足りなければ地盤簡易診断をしてもらう。
?インターネットなどや図書館、もしくは市役所等で昔の航空写真を確認して、造成前、後の地形状況および造成後の年数を確認する。地形にもよりますが造成後の年数を確認することによって仮に軟弱地盤の上に造成したとしても沈下がおさまっている可能性がある。

以上の状況がクリアで問題がなさそうであれば、その土地の地盤はある程度信頼できる地盤だと想定されます。ただし、木造の場合でも3階建て以上、もしくは鉄筋コンクリートのような木造より重い構造物を建築する場合はしっかり地盤調査をして地耐力を確認する必要性があると思います。
一番良いのは建築家さんをある程度決めて、建築家さんの意見も参考にされると良いかと思われます。

とても勉強になりました。
名前:tabotiさん(2004/5/27)
こんばんは。らーどさん、先日は判りやすいアドバイスありがとうございました。
これからやらなければならない事が、たくさんあることを認識しました。また何かありましたらご相談させて頂きまたいと思いますので宜しくお願い致します。
しっかりと調査を行うことが大切です
名前:ザ・ハウス(2004/5/26)
tabotiさん、こんにちは。

その土地がどの程度の期間売れていないのかにもよりますが、一般的には、売れ残っている土地、相場と比べて極端に安い土地には、何か条件があると思っておいた方がよろしいかと思います。

ただ、一般の方にとってデメリットだと思えることがtabotiさんにとってはデメリットにならないという事も十分に考えられますので、まずは様々な条件についてしっかりと調査を行い、何故売れ残っているのかをはっきりさせることが大切かと思われます。

現時点での懸念材料として、1)遺跡が発掘された区域である、2)造成前が田んぼ、畑であった、3)線路際であるとのことですが、

1)に関しては、その区域が『埋蔵文化財包蔵地』などに指定されていないかを確認する必要があります。もし『埋蔵文化財包蔵地』に指定されているのであれば、指定機関への届出や調査が必要であったり、場合によっては工期が伸びるなどということも考えられますので注意が必要です。

2)に関しては、らーどさんからもご指摘がありましたように、造成前が田んぼ、畑であったことから地盤の強度が懸念されますので必ず地盤調査をする事をお勧めいたします。地盤の弱い敷地の場合は、地盤改良が必要であったり、建物の構造やプランが制限されることもありますので注意が必要です。

なお、3)の線路際などという個別の条件(騒音、振動など)に関しては、その建て主様によってそれぞれ感じ方が異なります。設計の工夫次第で問題を解決できることもありますので、建物の事も含めてご依頼先へご相談する事をお勧めいたします。

いずれにしても、土地をお選びになる際はしっかりと調査を行い、建物やコストの事を含めた上で検討することが大切になりますので、不動産会社さんや家づくりのご依頼先ともよく話し合われた上で最終的にご判断することをお勧めいたします。

とても勉強になりました。
名前:tabotiさん(2004/5/27)
こんばんは。ザ・ハウスさん、先日は判りやすいアドバイスありがとうございました。
これからやらなければならない事が、たくさんあることを認識しました。また何かありましたらご相談させて頂きまたいと思いますので宜しくお願い致します。
まじめな家づくりセミナー