相場よりも安い土地

土地購入について
名前:萌香さん(2008/07/13)
初めて投稿させていただきます。よろしくお願いします。。。
1年ほど前から住宅購入を考えていますが、良い土地が見当たりません。私たちの希望しているエリアは駅から徒歩1キロ圏内。小中学校も1キロ圏内とこの辺りでは1番急成長している人気のあるエリアです。

不動産の方いわく、このエリアの地主さんは土地はあっても、売ることよりもアパートやマンション、駐車場、貸地に力を入れているので。。売地がなかなか出ず、土地相場も高いとのことです。。。今までにみた物件は予算に合わない、土地が小さい、大きい、間口が狭い、変形地等で私たちの要望に合った土地にめぐり合えない現状です。

このような状況の中、去年秋から1ヶ所だけ土地が販売されている広告を目にします。。売れ残っているようで4月に出た広告では1割引きの価格になりました。先日見に行ったところ、まだ売地の看板がありました。
角地ではありませんが?間口が5間。縦に長方形のような形で、長方形の上が北、下が南の方角になっております。左右には築20年?30年の家、後ろはアパートの駐車場です。家の前は6m道路です。6m道路の向かいに雇用促進住宅(3階建て1棟15世帯)が2棟あります。
この土地はエリアの相場より、5万円から10万円も坪単価が安いので、価格的に魅力を感じますが。。。私も主人も県外出身のため、ここに土地勘がなく、このエリアに知人もいないのでわかりません。安いなりの事情があるようで、不安に思えます。
駅、小中学校が近くても、雇用促進住宅が近くにあるということがマイナス要素なのでしょうか?何かいわく付きの土地なのでしょうか?避けた方が良い土地なのでしょうか?
主人は長男なので。。。ここにて永住できるのか?実家にUターン?将来的にどうなるのか??わかりません。実家にUターンとなった場合は家を手放すことになるので、そうなった時の資産価値はやはり安いのでしょうか?
ご意見・アドバイス等教えてください。

不動産会社に率直にお問合せください。
名前:ザ・ハウス(2008/07/13)
萌香さん、こんにちは。

結論から申し上げますと、おそらく何かの事情がありますが、どのような事情なのかは推測することは難しいです。

土地の流通が少ない地域では正しい価格よりも高く売り出され、成約することがあります。これは需要と供給のバランスの問題です。供給が少ないと競争率が高くなり、「少しぐらい高くても絶対に欲しい」という方が現れ、正しい価格よりも価格が高くなってしまうからです。
したがって、萌香さんのご検討の地域では相場よりも比較的高めに売り出されることが一般的です。
それにもかかわらず、相場よりも安い、というのは不自然です。

しかしながら、どのような事情があるのか、推測することは難しいです。
萌香さんは「周辺建物の影響ではないか」と推測されていますが、土地の所有者や建物の種類は時代とともに変っていきますので、現在のそれらの影響だけで大きく値崩れをする、とは考えられません(注:ごみ焼却場など容易に移転ができない施設については影響を受けます)。萌香さんの推測が完全に誤っているとも断言できませんが、それ以外にもいくつか事情があるのではないでしょうか。

事情については、不動産会社に率直にお問合せください。
どのような事情なのかは分かりませんが、価格に大きな影響を与える事情であれば、不動産会社は隠すことはできませんので、率直にご質問いただくと分かりやすい答えが返ってくると思います。

まじめな家づくりセミナー