ブックマーク:

規格住宅の設計料について

設計料について
名前:宮崎さん(2015年10月16日)
規格住宅で、間取りは決まっているのに設計料35万となっているが、これって普通ですか?
規格住宅の設計料について
名前:ザ・ハウス(2015年10月16日)
宮崎さん、こんにちは。

ここでは、ハウスメーカーや工務店などの「設計と施工を同一の会社で請負う」場合を想定して回答いたしますので、ご参考にしてください。

まず、規格住宅とはいえ、設計しなければその規格住宅のプランは存在していませんので、その会社にとっては設計のための経費が必ず生じています。

しかし、「掛かっている経費をそのまま施主に提示する」という方針の会社もあれば、「本来は掛かっている経費であっても、間接的な経費は見積りに計上しない」という方針の会社もあります。

「掛かっている経費をそのまま施主に提示する」という方針であれば、規格住宅の設計料のような間接的な経費でも見積りに計上するでしょう。

一方、「本来は掛かっている経費であっても、間接的な経費は見積りに計上しない」という方針であれば、規格住宅は個別に設計をするわけではないので、個々の見積りには計上しないでしょう。

これはどちらが正しいという問題ではなく、その会社の姿勢を表すものですので、こうした姿勢に共感、納得できるかどうかが問題になるなのではないかと思います。

まじめな家づくりセミナー