基礎の杭工事の費用(3)

地盤改良の費用
名前:DSさん(2007/12/12)
先日、既存建物を解体し、地盤調査をしました。
軟弱なところがある、ということで、岩盤まで杭を打って補強するということになったのですが、費用は約80万(工期は1日)ということでした。

地盤調査の結果を紙でくれるわけでもなく、ただ、「杭を打つ必要があります。」といわれても、追加費用の出費に頭を悩ませているところです。

ただ、同僚に聞くと、地域によっては、地盤調査をしたところで、いい数値などが出るわけもないので、はなから調査をしない、と言っておりました。
結果が出たところで、どうせ業者が「やる。」といえばやることになるわけだし。と。

わたしとしては、杭を打つことは吝かではないのですが、果たして本当に杭を打つべき状態なのかがわからないまま、言い値を払うのが嫌だったので、皆さんにお伺いするしだいです。

よろしければお教えいただけますと幸いです。

ご参考までに
名前:ザ・ハウス(2007/12/12)
DSさん、こんにちは。
軟弱な地盤と言われて杭工事をしないわけにもいかないし、追加の工事費は痛いし、悩むことですね。

> 同僚に聞くと、地域によっては、地盤調査をしたところで、いい数値などが出るわけもない

DSさんの同僚がおっしゃるように業者によっては、地盤が弱いことは地域の常識と勝手に解釈し、事前に調査を行わないこともあるようです。ただ、この方法はあまり丁寧な進め方と言えません。経験・知識が豊富な業者の常識と建て主の常識はほとんどの場合、かなりの差がありますので事前に地盤が弱い可能性が高いことを説明し、調査、見積りを提示するのが業者の正しい進め方だと思います。

> 地盤調査の結果を紙でくれるわけでもなく、ただ、「杭を打つ必要があります。」といわれても

工事の見積りが提示されているということでしたら、必ず地盤調査の結果があるはずです。結果を見ないで正式な見積りをすることはできません。

調査結果のデータは、専門的な言葉が使われている部分もありますので少し難しいところもありますが、必ず提出させ、説明することを求めるようおすすめいたします。

地盤について
名前:Mさん(2007/12/12)
DSさんへ
建物の建築に際し地盤はもっとも重要な要素です。
まず調査として専門業者が、スェーデンサウンディング方式で行ったと思われます。この場合通常5ポイント(建物中央、4 隅)行い終了後写真添付の調査報告書が提出されます、この報告書のグラフ(測定値を示す)にN値という数値が示されています。
N値というのは、地盤の堅さを示す数値で地表からの深度ごとに測定されています。
通常地表のN値が5程度でベタ基礎それ以上深い場合は、地盤改良または鋼管杭を打つなどを考慮しなければ
なりません。その判断と工法の検討は工事費用等も考慮してする事となります。
工法などいろいろありますのでまずDS さんが納得できるまで、説明を求めてはいかがでしょう。
業者から報告書をもらうことになりました
名前:DSさん(2007/12/13)
Mさん
ザ・ハウスさん

ご回答ありがとうございます。
業者から、報告書をもらうことになりましたが、改めて地盤改良(鋼管杭)の重要性に気づきました。

別の施主で、地盤改良をケチった(費用は約90万)ために、後日家が傾き、修繕に600万かかって、当初は「金が無いから地盤改良はしない。家が傾いても自分で責任取る。」と強気だったものの、いざ傾いたら工務店に泣きついた、という人がいたという話も聞きました。

安心と安全、万が一のときの保障を考えたら、当初の80万は、高くはないのかもしれません。

ありがとうございました。

まじめな家づくりセミナー