建築費(6)

ザ・ハウスさんと東京住宅通信さんの関係は?
名前:働く母さん(2002/1/29)
自宅を建てようと思って参考にさせて頂いています。我家はお金がないので1000万円台のローコスト住宅を検討しておりますが、ザ・ハウスさんに登録している建築家の方にも頼めますか?また、東京住宅通信さんHPにローコスト住宅の案内が出ているのでそちらに依頼した方がいいのかなあと。ザ・ハウスさんのリンクの中では東京住宅通信さんが他のリンクHPとは別格な扱いになっていますが、両者の関係は?
また、贅沢な話しかもしれませんが、1000万円台の住宅で外断熱などは無理でしょうか?
ザ・ハウス登録工務店、参創ハウテックさんのバナー広告です。
名前:ザ・ハウス(2002/1/29)
こんにちは、ザ・ハウスです。

「東京住宅通信」は、ザ・ハウス登録工務店である参創ハウテックさんのホームページの名称で、ページの上にあるのはバナー広告です。

さて、ご計画についてのお話しですが、1000万円台で可能かどうかというよりも、「ご予算とご要望のバランス」が大事とお考え下さい。
たとえご予算が倍であっても、ご要望が3倍であれば実現が難しくなるでしょう。つまり、ご要望に優先順位をつけて考えていかなければなりません。建築家の方と計画を進めていく上では、あくまでも「ご予算の中で、何ができるのか」を相談しながら進めていくことになります。
外断熱のご質問も同様に、ご予算とその他のご要望とのバランス次第ではないでしょうか。

ザ・ハウスにも、このようにしてご希望の優先順位を建築家と考えながら、1000万円台の住宅を実現させた方はたくさんいらっしゃいます。ただしローコストの住宅を設計できるのは、ある意味で特殊な技能を持った建築家に限られることもお忘れにならないで下さい。

ローコスト住宅
名前:上田 勝さん(2002/2/2)
働く母さん、こんにちは。

ローコスト住宅の設計には特殊な能力が必要だというのは、設計だけでなく資材調達や工事業者の組み合わせ方などに深い知識と経験がなくてはできないと言うことです。さらに工事業者の方も手間を惜しまず協力してくれるのでないと実現できません。既製品に頼ることが少ないですからね。

住宅には様々な業者が関わります。屋根工事とか建具工事とか内装工事とか…。壁にクロスを貼ると専門業者に依頼しなければなりませんから、シナ合板だけで内装をシンプルにするなどのように、出来る限り少ない業者で多くの作業をすることになります。室内ドアにしても、いちいち建具屋さんに依頼していたのでは高くなってしまいますから個室を少なくしてオープンに作ろうとします。

このように徹底して無駄を省きそれでも住み心地を実現するのは至難のワザなんですね。場合によったら必要最小限の工事を依頼しあとは自分でDIYでやるという選択も必要になります。

ちなみに外断熱ですが、これは工事手間はそれほどでもないですが断熱材の単価が高い。働く母さんも、イメージで考えるのではなくて、機能で考えなくてはなりません。同じ機能でより安い方法は何かを考えるんです。

まじめな家づくりセミナー